バンパーなどの部品の自動認識

部品自体から直接的に部品のタイプ等を識別する方式は、ジャストインタイムが用いられている生産工程で部品製造メーカにおいても、自動車製造メーカにおいても恩恵を受けます。

タークのUHF帯のRFIDシステムを活用することにより、長距離でも近距離でも信頼度の高い自動認識システムを構築して頂けます。また、タークのRFIDシステムはRFIDのリードライトヘッド以外の入出力信号を同一のI/Oステーションに取り込むことが可能です。

メリット

  • UHF帯のRFIDタグは自動車のバンパーに直接貼り付けることも可能で、ジャストインタイムが要求される自動車業界において、高効率な部品生産が可能となります。
  • RFIDタグはそのバンパーの型式とバージョンを排他的に認識することが可能です。
  • RFIDシステムのデータは、ERPシステムやMESシステムに利用することも可能です。

 

  • システムによりバンパーを入れるコンテナが指示される

  • 誤ったコンテナに収納されるとエラー表示を行う

  • UHF帯のリードライトヘッド TN865-Q175

Select Country

Turck worldwide