鉱業分野での耐環境型リモートI/O

  • 粉塵や振動などの劣悪な環境下でも稼働するタークのフィールドバス製品群

2006年秋、山東電力技術コンサルティング協会(SDEPCI)は、永川(Yongchuan)発電所の拡張に伴い、総合請負業者としてスタートしました。 16ヶ月のプロジェクト期間の後、2008年1月に2つの新しい発電所が開始されました。石炭を貯蔵場所から窯の前の石炭工場に輸送するために、大きな輸送システムが発電所を横切っています。これがプラント設計者が自動化を進める理由となりました。システム内に分散された多数のセンサとアクチュエータは、埃、湿気、振動、電磁干渉等の劣悪な環境にもかかわらず、安全に操業されなければなりません。

 

従前のオートメーション技術のアーキテクチャでは、これらの要件を満たすことが不可能であったため、PLCとのセンサやアクチュエータ間の信号伝送は現代のフィールドバス技術が採用されました。モジュール式で高い耐環境性能を持つリモートI/Oによって、すべてのフィールド機器をフィールドバス通信に簡単に統合することができます。

ほこりや振動への耐性

石炭コンベヤシステムでの自動化技術のエンジニアリングとインストールを担当するShandong LuNeng Engineering社のプラント設計者は、様々ななメーカーのフィールドバスに対するソリューションを分析、比較し、タークの耐環境型モジュール式リモートI/O BL67を採用しました。フィールドバス上の各ステーションは筐体に搭載されていますが、ほこりや振動の激しい環境のため、内部のリモートI/Oの保護等級をIP67レベルを不要には出来ません。さらに、タークのBL67は、入出力信号を処理するI/Oモジュールのホットスワップが可能です。短絡保護機能と独自の診断機能により、ユーザーに現在のシステム状況とエラーの可能性をすばやく俯瞰し、システムのセキュリティ・オファリングを完成させます。これにより、ユーザーは不具合のあるI/Oモジュールを、生産の停止なしで迅速に交換することができます。このモジュール式設計のおかげで、デジタル、アナログ、温度その他の信号を統合するかどうかに関係なく、いつでもBL67を拡張することができます。

モジュラー式のリモートI/Oは、速度、オフセット、ひずみ、ベルトクラッキング、または石炭のレベルなどの石炭搬送システムの状態に関連するすべてのアナログおよびデジタル信号を伝送します。リモートI/Oは、DeviceNetを介して上位のAllen-BradleyコントロールLogix 5560に接続され、データを評価した後、それぞれのシステムステータスを発電所の管理情報システム(MIS)に転送します。設計者は、プラント上に2つのフィールドバスネットワークを設置しました。1つは長さ900メートル、もう1つは400メートルです。 「BL67は非常に優れたフィールドバスソリューションで、今後のプロジェクトでも使用します」とプロジェクトのエンジニアBai氏は約束しています。

 

Select Country

Turck worldwide