システムインテグレータ SIGMA社はタークのRFIDシステムとソフトウェアにより完全な自動認識システムをMAGNA社に提供

ザクセン州のシステムインテグレータ SIGAM社はタークとの協業により、自動車部品製造メーカ MAGNA社に、ソフトウェアシステムと連動した完全に自動化された自動認識システムをUHF帯のRFIDシステムにより設置しました。今日では、インテリジェントなソフトウェアロジックを使用してバンパー生産工場での誤った読み取りの可能性を完全に排除することができます。

  • ポリッシングステーションにもRFIDリードライトヘッドが設置されています

ザクセン州のシステムインテグレータであるSIGMA社がシームレスなRFIDベースの生産管理システムを提供したのは、大手自動車部品メーカであるMagna Exteriors and Interiors(MEI)でした。 UHF帯のRFIDを使用すると、長い検出範囲が可能になります。

UHF帯のRFID使用の決断

2012年8月以来、MEI MeeraneはVW Golf VIIのフロントバンパーとリアバンパーを生産し、Moselの現場でVolkswagen Saxonyにこれらの「ジャストイン・シーケンス」を提供しています。 MEI Meeraneの経営陣は、新しい生産ラインの計画と開発段階で、RFID技術を製造および物流管理に使用することを決定しました。RFIDシステムには読み取り範囲が長くなったため、従来のHF帯ではなくUHF帯のシステムが適しているとプロジェクト開始時点で判断されました。

製造過程の情報の透明性

射出成型機から離れた未加工のバンパーにはRFIDタグがすぐに装備され、ソフトウェアによって登録および管理されます。これにより、生産および物流プロセス全体でバンパーの追跡と追跡が可能になります。塗装に先立って、スキッド内のバンパーの位置がリーダーによって検出され、ミドルウェアによって捕捉されます。これは生産品質を追跡するために使用されます。塗装プロセスの後、塗料プロセスのデータ全体が自動的にバンパーにリンクされます。

次に、バンパーを製品の種類に応じて保管容器に入れます。複数のRFIDリーダーがバンパーの正しい保管場所をコンテナに示します。 AutoIDミドルウェアGraidwareは、信号をキャプチャするだけでなく、洗練されたアルゴリズムを使用して信号の妥当性をチェックします。隣接する輸送ルートまたは通過するフォークリフトからの干渉信号は誤った信号として認識され、除外されます。

最終生産開始指示の後、塗装されたバンパーには、構成に応じて、ハーネス、距離センサ、フォグランプなどが装備されています。 RFIDタグは、OPCサーバーを介して機械を制御し、次の製造ステップ、バンパーの構成を表示し、溶接および打ち抜き作業のための適切なプログラムをロードします。

フルレンジの製品ラインナップ

SIGMA社はRFIDシステム以外のタークの製品も採用しました。UHF帯のRFIDリードライトヘッドは、Q150を1.5mまでの範囲の読み書き、これより長い部分にQ240、いくつかの特別な処理ステップでは、最大5メートルのQ280 UHFリーダが必要でした。タークのRFIDシステムはBL67のリモートI/Oを用いているため、RFIDのリードライトヘッド以外のセンサもタークのRFID・リモートI/Oに接続が可能であり、これがタークを採用した理由の大きな要因となりました。

Select Country

Turck worldwide