チョコレート工場でのRFIDの活用

タークのRFIDシステムを製菓機械に活用し、チョコレート型管理と生産・履歴管理に活用

WDS (Winkler und Dünnebier) 社は、菓子業界向けの生産システムにおける、世界で最も人気の高いエンジニアリング企業の1つになっています。伝統と品質のほかに、絶え間ない革新が成功を生み出しています。今日、同社は最適な型の管理システムにより、生産システムの効率、安全性、制御性を最大限に引き出すことができます。タークのRFIDシステムは、全ての型の最新の状態を把握します。

  • チョコレートの生産は多くのステップと複雑さを併せ持っています

チョコレートの生産は多段階に渡り、また複雑なプロセスを要します。エンジニアリング企業であるWDS社は、菓子の生産システムにRFIDを導入しました。

全ての型の視える化

すべての樹脂製の型は、プラント規模によっては数千個になる可能性がありますが、RFIDシステムは”全ての型の視える化”の目的で導入されています。倉庫、生産工場の生産ライン、型の搬送システムに取り付けられたリードライトヘッドにより、各型の進行を中央監視装置から追跡することができます。生産ライン上では、RFIDシステムは、最適な型と製品の追跡、生産統計及びプロセスの最適化を確実にします。

制御システムによって取得されたすべての情報は、プラントのオペレータサーバ上のローカルデータベースに送信され、プラントのオペレータサーバは、現在生産ライン上にあるすべての型のデータを格納する。生成された情報は、包括的な型管理と追跡のためにサーバと同期されています。このRFIDシステムには、生産ライン上だけでなく、型の洗浄ステーションや型の保管システムにもリードライトヘッドが設置されています。顧客からの要望があれば、WDS社はタークのRFIDシステムを使用してサードパーティの設備の改修によるシステム導入さえも可能にしています。

付加価値あるデータ

タークのRFIDシステムとWDS社のサーバー・データベースシステムにより、工場の生産性だけでなく生産品質も向上させることが出来るようになりました。蓄積データにより生産ライン廻りのロジスティクスの最適化など、様々な部分に活用が可能です。マウスをクリックすると、システムはすべての型の位置を表示するか、生産プラント内で実行したルートをトレースします。これにより潜在的な不具合要因を容易に見つけることができます。

生産特有のデータを決定することもできます。たとえば、型を簡単に自動識別したり、平均以上の廃棄率の型を自動的に分類することができます。別のアプリケーションでは、バッチ毎の生産特性を比較することができます。蓄積されたデータは、品質管理の面でも、品質または衛生管理ガイドラインの工場内モニタリングに幅広い応用を提供します。

システムは、洗浄サイクルが正しく行われたかどうかも容易に識別することが可能です。今日、冷却キャビネット内の型を一緒に押したり、RFIDのおかげで稼動中に特殊な試験サンプルを交換するなど、製造シーケンスを厳密に追跡することが可能です。この技術は、挿入された型が現在進行中の生産プロセスに適していない場合、即座に警報を発します。 ここでは、新しい型がシステムに導入され、古い型が排出される。型の種類をランダムに混在させた生産シナリオでも柔軟性を高めることができます。

Select Country

Turck worldwide