RFIDシステムによる食肉の監視と追跡

タークのRFIDシステムはその堅牢性と反応速度の速さが決め手となり、中国の食肉加工場で使用されています

中国の食肉加工工場において、タークのRFIDシステムは、保護等級IP67及びIP69Kを備えた堅牢性と余も書き速度の速さの両方が決め手となり採用されました。RFIDタグは、肉を吊るすフックと一体化されており、ダメージを受けずに読み書きが可能です。

  • RFIDタグ TW-R10 は物理的なダメージ防止のためにフックに埋設されている

  • LF帯のRFIDタグではフックにスリットが必要でしたが、HF帯では不要です

  • 保護等級IP69Kのリードライトヘッド TNSLR-Q42TWD は食肉加工工場に大変適しています

中国政府は、中国の肉生産における監視と追跡システムを確立することを決めた。政府の目的は、いつでも各肉製品の起源を追跡し、食品安全性を高めるための早期警戒メカニズムを確立することです。

顧客の要求事項

このプロセスの全体を通じて、肉を吊るすフックに豚の半頭分が吊り下げられています。RFIDタグはこのフックに取り付けられており、食肉加工工場に到着した豚の耳についているタグ等のデータからフックに取り付けられているRFIDタグにデータは書き込まれます。

リアルタイムでのデータ照合のために、生産ラインに沿っていくつかのリードライトヘッドがあり、プロセス全体を通して豚を識別します。食肉加工高お嬢の最初の検査において品質に問題が見つかった場合、その情報はフックのRFIDタグに直接送信されます。

すべての製造ステップで、リードライトヘッドはフックのデータを読み取り、生産状況をリアルタイムで追跡します。肉製品の最終包装プロセスでは、RFIDタグの情報はデータベースに上書きされ、パッケージ上のRFIDデータキャリアにリンクされます。

通信距離の長さと送受信速度の速さ

タークのRFIDシステムに決定した要因の一つは読み書き速度の速さです。通常のベルトコンベアのスピードで必要とされるデータ量の送受信が可能でした。8つ設置されているリードライトヘッドのほかに、アナログやデジタルの入出力信号が工程上にありますが、これらもRFIDモジュールが取り付けられているリモートI/O BL67のI/Oモジュールに接続されています。さらに、リードライトヘッドの追加や、アナログ・デジタル入出力信号の追加が必要になった場合でも、BL67はモジュールを追加できるので、追加対応の時間と費用を最小限に抑えられます。

LF帯、UHF帯には適合しない環境

今回用いたHF帯RFIDシステムの代替として、LF帯、UHF帯がありますが、今回の事例には適合しませんでした。HF帯であれば、周囲環境から送受信に与える影響の感度が大きくなく、また、RFIDタグが金属製のフックに取り付けられることもその一因です。

Select Country

Turck worldwide