+81-3-5298-2128

IO-Link

IO-Linkの概要

  • IO-Linkはセンサ、アクチュエータ、IOハブなどの末端機器との通信を行うシリアル通信プロトコルです。フィールドバスの一種ではありません
  • センサ、アクチュエータ、IOハブなどの末端機器がIO-Linkデバイスとなり、リモートI/OなどがIO-Linkマスタとなります。このIO-LinkマスタとIO-Linkデバイス間でpoint-to-point(1対1)のシリアル通信を行います
  • IO-LinkマスタとIO-Linkデバイス間の接続ケーブルには汎用センサ・アクチュエータ用の非シールドの3芯ケーブルが使用可能です
  • 入出力信号(I/Oプロセスデータ)だけでなく、機器の識別情報や診断情報の取得、機器のパラメータ設定などを行うことが可能です
  • 機器の設定や情報の取得はPLCエンジニアリングツールだけでなく、FDTフレーム(PACTware等)で行うことも可能です ※FDTフレーム:国際規格で規定されたソフトウェアインターフェースであり、メーカが異なっても単一のFDTフレームで機器とのアクセスが可能なソフトウエア。TurckではFDTフレームであるPACTwareを無償で提供しています
  • 国際規格 IEC 61131-9で規定されたオープンな規格です

IO-Link システム概要図

IO-Linkインターフェース仕様

  • IEC61131-9, SDCI(Single-drop digital communication interface for small sensors and actuators)
  • サイクリック プロセスデータ通信速度:約2.3ms(COM2, 38.4kビット/秒)
  • *診断情報やコンフィギュレーションは非周期通信を使用
  • IO-Link通信モードとSIOモード

     IO-Linkデバイスは、IO-Linkマスタと接続された場合、IO-Link通信を行います

     接続先がIO-Linkマスタではない場合、一般的なバイナリ入出力(SIO)を行います

  • 最長配線距離 20m
  • ケーブルのコネクタサイズはM12 3芯(Port Class A)が主流、仕様には M8, M5サイズまたM12 5芯タイプもあります
  • IO-Linkデバイスは、IODDファイル(IO-Link Device Description:IOデバイス記述)を持ちます

生産性の向上 

  • センサ等の複数の入出力信号タイプをIO-Linkに集約することにより、センサやI/Oの製品選定や設計を効率化

  • センサ等の複数の入出力信号タイプをIO-Linkに集約することにより、センサやI/Oの製品選定や設計を効率化
  • ネットワークを利用しリモートでデバイスの管理・設定が可能

コスト削減  

  • IO-Linkに集約することで在庫を削減可能です
  • FDTフレーム等の利用により、PC上での機器設定が可能となり、エンジニアリング時間や作業マニュアル作成時間の削減が可能

  • PLCツールからの機器状態の確認が可能となり、センサ等の表示が必要な機器の削減が可能

 

可用性の向上

  • IO-Linkの持つデータストレージ機能などを活用することにより交換機器のパラメータの自動設定化でダウンタイムの削減が可能
  • IO-Linkデバイスの機器診断機能やアラーム機能によりダウンタイムの削減が可能(これらの機能はデバイスにより異なります)

 

 

IO-Link 製品

タークはIO-Link製品を以下のようにラインナップしています(製品ページにリンクしています)

Select Country

Turck worldwide