消防車の傾斜角検知

Ferrara社の消防車はタークの傾斜センサを用いた試験装置で消防車の安定性を確認しています

消防車を運用現場に持ち込む前に消防車はNFPA(全米防火協会)1901に定められている消防車の規格を満足しているかを確認しなければなりません。Ferrara社の消防車はタークの傾斜線センサを使用して、車両の安定性の要件が満たされているかをテストしています。

  • Ferrara社では消防車のテスト装置に傾斜センサを用いています

  • 消防車を乗せたテーブルを左右26.5度にそれぞれ傾けます

  • タークの傾斜センサが傾斜角を測定します

NFPA(全米防火協会)は、消防車に対する厳しい安全基準を策定しています。この規定の中のガイドライン1901では、消防車の安定性と確実なグリップです。基本的に、このNFPAの安全ガイドラインをクリアするには2つの方法があります。1つは、ブレーキ及びトラクションのコントロールするシステムと、アンチロックブレーキシステムの両方を兼ね備えた電子制御システムを採用する方法で、もう1つは26.5度の傾斜角をつけられる試験装置の助けを借りる方法です。

電子制御システムはエラーを生じやすく、そのコストも高いものです。また、消防車の運転手は電子制御システムを嫌います。なぜならば自分の操作よりも電子制御システムのコントロールが優先され、消防車の運転が容易ではなくなるからです。

傾斜テーブルによる試験

ルイジアナ州にある緊急車両の大手メーカの1つであるFerrara社では26.5度の傾斜角を付けられる試験装置を用いる方法を採用しています。傾斜テーブルによる試験は静的なテストなので、大変簡単です。所定の速度で決められた半径の円形軌道を走行して、車両が転覆しないことを確認するよりも有用性は非常に高いです。

この傾斜テーブルによる試験装置では傾斜角の測定及び記録のためにタークの傾斜センサが用いられています。この傾斜センサは不具合やフリーズを起こすことなく稼働しています。そしてNFPAのガイドラインへの準拠となる証拠を提供し続けています。

Select Country

Turck worldwide