食品工場の倉庫における自動認識

  • 食品の生産者はタークのRFIDシステムを利用して材料の流れの制御とトレースを行います

  • 全てのパレットにRFIDタグが取り付けられています

  • リードライトヘッドにより読まれたデータはBL67リモートI/Oを経由してPLCに送られます

中国の食品業界のある企業は、RFID技術による原材料の移送の追跡と管理を可能にするリアルタイム材料管理システムを導入したいと考えていました。システムは、倉庫データリストから情報を精査し、単一のパレットを品目在庫に割り当てる必要があります。次に、データは、パレットに取り付けられたタグ上にリードライトヘッドによって書き込まれます。

次に、PLCは自動的に倉庫エリアをパレットに割り当て、フォークリフトを案内して材料を対応する場所に保管します。フォークリフトには、リードライトヘッドが装着されているため、場所と製品情報が中央管理システムに保存されます。

可用性を高めるために、システムは、集中型および分散型データ用に冗長性を組み込んで運用されます。アウトバウンド処理では、FIFO(先入れ先出し)原則が適用されます。生産作業に応じて、材料を対応する生産ラインに運ぶようにフォークリフトが自動的に案内されます。輸送中、フォークリフトのリードライトヘッドは、パレット上のタグをチェックして、材料が必要かどうかを判断します。エラーが発生した場合、システムはアラームを発し、それを復旧するために必要な対策を自動的に示します。

パレットのデジタル化

RFIDタグは既にパレットに統合されています。これにより、大量の商品を正確にデジタル管理することが容易になります。労働者は、事前にたくさんのバーコードを印刷してパレットに貼り付け、バーコードスキャナでスキャンする必要はありません。タグ付けされたパレットの場合、これはすべて1回の読み書き中に行われます。

RFIDタグは過酷な環境にも適用できます。これは、表面の傷や汚れがそれらに影響を与えないからです。タグはリサイクル可能で、雨のときにも使用できます。さらに、特定のタグUIDは、材料トレースの精度を向上させます。

グルタミン酸ナトリウムの製造は、湿潤な生産条件下で行われます。粉末状の原材料は、生産とは別に保管されます。このシステムは、湿気の多い環境だけでなく、乾いた環境や埃の多い環境でも完全に動作する必要があります。これが、同社が保護等級IP67のRFIDシステムとリモートI/O BL67を使用している理由です。

フォークリフトと無線接続

最も大きな課題は、フォークリフトとの伝送をどのように確立させるかという点でした。様々な議論と検証の結果、無線LANにより、フォークリフトとシステムは接続されました。

Select Country

Turck worldwide