IO-Linkによるディファレンシャルギアの効率化

タークは中国の自動車部品メーカのディファレンシャルギア製造工場で、センサ・アクチュエータ接続用のIO-Linkソリューションが、いかにに簡単かつ迅速かつ効率的であるかを証明しています

中国の自動車メーカはタークのIO-Link対応のI/Oハブ TBILを用いて何百ものセンサやアクチュエータを接続しています。I/Oハブは16点のセンサ・アクチュエータを接続できます。このソリューションは迅速な設置とコスト削減をもたらします。PROFIBUS対応のリモートI/O、BL20にIO-Linkのマスタモジュールとデジタル信号モジュール、アナログ信号モジュールの混在が可能です。

  • 26台のI/Oハブ TBIL が多芯ケーブルとそのアセンブリの苦労から解放します

  • BL20は数百点のデジタル入出力信号と共に、アナログ信号とRFIDシステムの情報も送信しています

多くのセンサが存在するディファレンシャルギア製造工程

空圧シリンダ及びクランプ位置の検出用の磁気センサ、ギア部品を検出する近接センサなど、ディファレンシャルギアの製造工程には多くのセンサが存在します。またエアバルブ、ソレノイドバルブなどのアクチュエータも多く存在します。

多芯ケーブルとパッシブジャンクションボックスがもたらすふぐい

当初は、パッシブジャンクションとマルチコアケーブルを使用して、センサとアクチュエータの信号を制御キャビネットのフィールドバスゲートウェイに接続したいと考えました。しかし、ケーブルの長さと配線工数のコストは全体のコストに悪影響を及ぼしました。パッシブジャンクション用のケーブルの多くは、手動で準備してから、コントロールキャビネットのI/Oモジュールに再度接続する必要があります。コミッショニングは特に時間がかかるだけでなく、配線ミスを起こしやすい方法です。この解決法はまた、非常に高価であり、維持することも困難でした。

IO-Linkで迅速に効率的に

タークは、PROFIBUS-DP用のリモートI/OBL20に、IO-Linkマスタモジュールを組み込んだ省スペースソリューションを提供することができます。 タークのIO-Link対応TBIL I/Oハブは、現場のセンサとアクチュエータを接続するのに理想的です。I/Oハブは、IO-Linkを使用して、標準センサケーブルを介して最大16のバイナリ信号をIO-Linkマスタに送ります。 TBIL I/OハブはIP67への保護等級を備えているため、できるだけセンサーとアクチュエータの近くで直接フィールドに取り付けることができます。 IO-Linkは、標準的な3線ケーブルを使用できるデジタルプロトコルで、高価なシールド線や長時間の配線チェックの試運転の必要がありません。

さらに、設置後に障害が発生した場合でも、IO-Linkを使用することでメンテナンスは簡単でした。障害の場所は、個々のフィールドデバイスのすぐ下で特定でき、断線または短絡の間で区別することができます。IO-Linkの使用により診断情報も活用出来ました。

IO-Linkを介したアナログ信号の取り込み

また、お客様は圧力センサや温度センサなどのアナログ出力を行うセンサもIO-Linkに対応していればIO-Linkマスタに接続が可能です。アナログ入力用のI/Oモジュールやシールドケーブルは一般的に高価です。

Select Country

Turck worldwide