カーバイド製造におけるRFIDによる正確な位置決め

カーバイド製造工場でRFIDシステムが台車の正しい位置を示します

中国のカーバイド生産工場において、充填台車の位置はキャリッジホイール上のエンコーダによって予め決定されていました。しかし、この情報は、加速および制動中のスリップによって不正確になり、手動での位置補正を行う必要があります。現在、充填台車は、キャリッジ上のRFIDタグと搬送レール上のリードライトヘッドを用いて位置を測定しています。これにより、キャリッジを材料を投入する扉の前に確実に位置決めすることができます。 保護等級IP67のリードライトヘッドや耐環境性の高いRFIDタグは、製造工程の塵や熱によって損傷を受けません。

  • 充填台車の位置がRFIDシステムにより正確に割り出され、台車スリップの問題を解消

  • BL20 のゲートウェイ(左側)がPLCと通信を行い、RFIDモジュール(右側3枚)がリードライトヘッドと接続

  • リードライトヘッド:TN-80、高い保護等級と長い交信距離

充填台車の位置調整

中国のカーバイド製造工場では、緊急に生産工程を最適化しなければならなかった。炭化物炉内の原料を供給するためのレール案内式充填台車は、投入扉の前に泊まるように正確に位置合わせされなければなりません。従来は、充填台車のホイールに取り付けたエンコーダを使用して位置を測定していました。しかし、充填台車の頻繁な加速、減速、制動は、時として台車をスリップさせます。スリップした距離はエンコーダによっては測定出来ないので、エンコーダから得られる台車の位置データはもはや正しくありません。その結果、充填台車は投入扉の前にに合わせられなくなりました。

この場合、作業員は手動で調整を行う必要があります。しかし、炉がその真下に位置するので、投入扉の周囲は非常に高温です。また、可燃性の粉塵が多く、爆発性の高い環境です。この領域に入るには、保護具を着用しなければならず、かなりの安全リスクにさらされていることを意味します。

これを解決するためにRFIDを用いました。ソリューションとしては、基本的に3つのRFIDタグを充填台車の開口部、開口部の前後の特定の距離に1つずつ取り付けます。リードライトヘッドは投入扉の位置でレール上に配置され、充填台車の正しい位置はRFIDシステムで特定されます。これにより、手動による修正および関連する不都合は、かなり低減される。

RFIDシステムによるソリューション

お客様がSUPCON製のプロセス制御システムを使用しているため、設置場所にはRS485インターフェイスがすでに用意されています。 タークは、RS 232/RS485をサポートするリモートI/O、BL20をRFIDシステムとして提供しました。お客様は、S-Interface用PLCではプログラミングを必要としません。 RFIDインターフェースは、従来の入力として使用することができます。保護等級IP67のリードライトヘッドは、-25〜+ 70℃の温度での使用に適しており、設置場所に直接取り付けることができます。タグはエポキシ樹脂製で非常に丈夫です。表面に傷や汚れがあっても、その機能は損なわれません。

Select Country

Turck worldwide