コンベアにも適する耐環境型のDC電源

高性能コンベヤシステムでは、高圧洗浄に耐え、キャビネットを必要としないタークの耐環境型のDC電源が適しています

私たちが毎日摂取する飲食料品の製造業者は、私たちが安全に摂取することができる製品を生産するために厳格な要件に従わなければなりません。生産システム内には、生産ラインの衛生状態を維持するために高圧洗浄による頻繁な洗浄地点が多くあります。そのような洗浄に耐えることのできる機械を開発することは、湿気や濡れを嫌う電子機器を使用することから、容易なことではありません。

 

  • DCC社のコンベアシステムでは機械式よりも電装機器が多く使われています

  • タークの耐環境型のDC電源はスイッチング電源の入った耐環境ボックスと比べて1/3のスペースで設置可能

ニューヨーク州ブリュースターにあるDairy Conveyor Corporation社の子会社であるDCC Automation社は、50年以上にわたり、乳製品、柑橘類製品、ジュース、冷凍食品用コンベヤーシステムの設計、エンジニアリング、製造、および設置を行っています。 DCC社の成功の鍵は、食品産業で求められる洗浄液による熱い高圧洗浄に耐えられるステンレス製コンベアシステムです。このシステム用にDCC社は、アクアゾーンと呼ぶ、圧力が加えられないコンベアを導入してステンレス鋼システムを改良しました。製品はコンベア上で圧力をかけられずに蓄積、搬送されます。

DCC社は、独立して駆動する蓄積ゾーンを監視・制御し、製品の流れ条件に応じて特定の蓄積ゾーンから製品を供給(または除去)する論理回路付きの耐環境型の画像センサを取り入れてアクアゾーンシステムを設計しました。

洗浄や湿気の多い環境にアクアゾーンシステムを導入するためには、システムに組み込まれたすべての部品がこれらの条件に耐えることができるようにしなければなりませんでした。 "当社のステンレス製コンベアシステム用の、高品質でコンパクト、洗浄等に耐えられる耐環境性能も有するDC24V電源を探していました。"

DCC社は、アクアゾーンシステム用にタークの保護等級IP67のDC電源を実装することを選択しました。 タークのDC電源はコンパクトなため、多様な取り付けの可能性を提供するとともに、DCC社のすべての要求基準を満たしました。電源がコンベアの下に取り付けられる場合は、コンベアが電源を保護する形になりますが、食品の生産ラインでありがちな、電源がコンベアの上部や側面部に取り付けられる場合は、耐環境性能が要求されます。”DCC社の品質とパフォーマンスを重視した考え方により、多くの顧客が弊社製品を選択してくれます。そのなかでタークのDC電源の革新的なデザインは、当社のシステムで使用される機器の高い基準に適合しています。"

"タークのDC電源でなければ、防水性の確保のためにキャビネットが必要となり、設置スペースも大きくなります。タークのDC電源はキャビネットの面積の約1/3なので、設置場所の自由度が非常に高まりました。"

Select Country

Turck worldwide