食料品流通センターにおけるUHF帯RFIDシステム

ノルウェーのCOOPの食料品流通センターにおいて、タークのUHF帯RFIDが短距離でも利用可能なことを示しています

ノルウェーのCOOPの食料品流通センターはスカンジナビア地方における最も近代的な流通センターの1つです。その大きさと、自動認識技術はベンチマークとして利用されるほどです。

インテグレーションを行ったWirton社はタークのUHF帯RFIDシステムを選定しました。そして両者のノウハウを結集し、隣り合うUHF帯のアンテナのクロストークも防止できるようにしました。

  • オスロ近郊の流通センターの規模の大きさと複雑さは多くの課題の一因です

  • UHF帯RFIDタグ付きの樹脂パレット

  • UHF帯のリードライトヘッドはパレット搬送システムの交差する部分のすべてに合計で250台設置されています

  • リードライトヘッドのLED表示により状態の目視が可能です

  • 近傍のリードライトヘッドのクロストークを防止し、直近のタグのみを読取り

流通システム

オスロ近くの食料品小売業者COOP Norge Handel社の新しい流通センターは、サッカーコートおよそ7つ分のサイズです。商品は流通センターの入出庫口にパレットに載せられて到着します。パレットはここで降ろされ、一時的にパレット棚に保管されます。次いで、混載されていないパレットは、完全にまたは半自動的に開梱され、トレイまたはコンテナに移されます。トレイとコンテナのほかに、物流センターでは2種類のパレットが使用されています:UHFタグが付いたプラスチック製パレットと、バーコードとUHFタグの組み合わせラベルの付いた木製パレットです。バーコードは、キャリアを木製パレットとして識別するために使用されます。トレイとコンテナは同様にバーコードによって識別されます。

バーコードとRFIDとの組み合わせ

COO社の発注要件の1つは、徹底的なテストでした。既にUHFタグが付けられているプラスチック製パレットをそのまま使用することで、全てのパレットへのバーコード設置を回避し、ラベリングシステムの肥大化を避けようとしていました。

計画段階で、Witron社は、UHF帯RFIDの採用について綿密に検討しました。このシステムでは、パレット搬送システムの各クロスセクションと同様に、入荷対象地域ごとにUHF帯リードライトヘッドが必要でした(全部で250本)。

RS485インターフェースとコントロール可能なアンテナの両方が必要

RS485インターフェースの必要性の他に、このアプリケーション用には多数の異なるUHF帯のリードライトヘッドが必要であるという点です。”UHFアンテナの制御性は、近距離に多くのタグが存在するこのアプリケーションでは非常に重要です。これはタークにより実現しました”制御技術開発担当のChristian Fuhrmannは説明します。

RSSIフィルタによりクロストークを防止

テスト中Witron社は、アンテナがタグを読み取ることが全くないクロストークが発生することを発見しました。また、このタグは、近接したリードライトヘッドによって励起されることができ、したがって、その実際の最大範囲を超える範囲でも発生します。これは、リードライトヘッドが非常に遠いタグからデータを受信することを意味していますが、そのタグのアンテナ出力では受信できないはずです。 "この場合、リードライトヘッドに異なるパラメータを設定することでこれを防ぐことができました。 RSSIフィルタが有効です。または、リードライトヘッドが実行する送受信の数を制限することができます”とFuhrmannは説明します。 RSSI値は、信号の強度を指定します。これは、ターゲットの距離を推定するために使用されます。フィルタを設定することにより、特定の距離のオブジェクトを読み取り操作から除外することができます。

Select Country

Turck worldwide