HMIで制御される工業用ブレンダー

Somakon Verfahrenstechnik社では、タークのHMIを工業用ブレンダーMPシリーズの制御システムとして使用しています

Somakon社の工業用ブレンダーはモジュラーコンセプトの採用により、多くの用途に個別に適応できるため、有名な産業界の研究開発部門で非常に人気があります。 Somakon社はこの柔軟性に優れ、価格性能比の高い製品を提供するため、タークのHMI / PLC、 VT250を効率的な制御および操作システムとして使用しています。

  • タークの HMI/PLC VT250 がMPブレンダーの制御・操作システムとして採用されています

  • Somakon社のMPブレンダーは顧客の要望に非常にマッチしています

  • タークのHMI/PLC VT250(右上斜め部分)、リモートI/O BL20(左上のモーター横)

  • タークのセンサと周波数変換器も採用されています

  • Wolfgang Naton氏 ”タークのVT250は弊社の要求仕様をすべて満たしました”

開発研究所における混合プロセスの重要性は、ここ数年でますます重要になっています。扱われる量が少ない点と連続生産に移行した際の大規模システムへの移行が必要である点との組合せが問題を難しくしています。

Somakon Verfahrenstechnik社の社長であるWolfgang Natonは、過去10年間の実験室規模での混合と粒状化の問題に取り組んできました。彼らのエントリーモデルである単純なミキサーとして設計されたLBシリーズに加えて、MPブレンダーファミリーを提供しています。

モジュラーブレンダーコンセプト

"シリーズ名のMPは多目的を意味します。つまり、顧客の要件に応じてシステムを個別に設定できます"、とNatonは説明します。多くの顧客は基本モデルから始めますが、すぐにさらなる機能が要求されます。同社のMPソリューションでは、お客様の希望に応じてベースモデルを更新し、温度、圧力または湿度の測定値を追加する柔軟性があります。これにより、プロセス全体を処理する機能を提供することができます。

混合に加えて、MPマシンは、構成レベルに基づいて、造粒、ペレット化、乳化、懸濁、混練、充填、粉砕または乾燥に使用することができます。コンテナにはコンテナやツールとともに、実行される処理工程に応じてセンサとアクチュエータが装備されています。機械の必要な柔軟性を提供するために、Somakon社は従来の機械的な制御と古いシステムから決別し、タークのHMI/PLC、VT250をを試しました。

VT250は、特に独立した制御と中小規模の機械の操作用に開発されたPLCを備えたコンパクトなオペレータターミナルで、MPブレンダーファミリーにとって理想的なソリューションです。 VT250には、5.7 型タッチスクリーンがコンパクトな樹脂筐体に搭載されています。 QViSの視覚化ソフトウェアは、共通の制御ソフトウェアCoDeSys 3によって実現される人間と機械の間のコミュニケーションを提供します。”タークのVT250を使用することで、最適な価格性能比ですべての要件を満たすPLCを手に入れることができます。"

VT250を使用するのと同様に、Somakon社はタークのBL20リモートI/Oを使用して、ブレンダーに使用されているのセンサー駆動機器を接続します。 イーサネット対応のリモートI/O、BL20は、4つのI/Oモジュールが設置されており、VT250のコントローラと通信を行います。

Select Country

Turck worldwide