塗装工程でのターク製品

中国の自動車メーカの塗装工程用にタークのリモートI/O、センサ、コネクタケーブルが採用されています

塗装工程におけるセンサやリモートI/O等のオートメーション製品への要求は非常に高いです。タークの保護等級IP67のリモートI/Oは、このような過酷な環境にも耐えるものであり、塗装ライン上のスキッドブロックから制御システムへの信号処理を経済的に構築出来ました。リモートI/Oだけでなく、タークのセンサやコネクタケーブルも同様の耐環境性を有しています。

  • 完全樹脂充填されているブロック型リモートI/Oはスキッドブロックの金属上に直接設置可能です

塗装ラインの過酷な環境

自動車産業における多段階塗装プロセス、プラントでの高度な自動化、過酷な条件で調整されたさまざまなプロセスステップは、使用されるオートメーションコンポーネントとインテグレータに特定の課題をもたらします。このプロジェクトの主な仕事は、塗料ラインの輸送システムを自動化することでした。自動スキッドコンベアシステムに基づいています。レール上のスキッドを自律的かつ安全に制御するには、多くの位置測定点、センサ信号、およびモータ制御信号を使用する必要があります。

オープンスタンダード

お客様の仕様には、ペイントロボットのアライメントと制御だけでなく、コンベヤベルトシステムの柔軟な統合などが含まれています。担当技術者は、オープンプロトコルに基づいた自動化システムを望んでおり、これは標準的なケーブルで実装することができます。

DeviceNetを使用することが決定されました。このフィールドバスプロトコルは、塗装ショップの要件を最適に満たすレベルの柔軟性を提供するオープンプロトコルです。プラントのサイズのために、タークのリモートI/Oが設置されています。これにより、すべての入力がさらにバスケーブルを介して次のリモートI/Oに送られ、最終的に通信マスタに送られます。 保護等級IP67のタークのリモートI/Oは、ペイントラインの全長に沿った輸送システムの鉄製のサポート部材に取り付けられています。また、スキッドの輸送全体を調整するモーターコントローラのすぐ隣にあります。

お客様は、16個のデジタル入力(BL CDN-8M12S-8DI-P)と8個のデジタル入力(BLCDN-4M12S-8DI-PD)を備えたリモートI/Oを使用しています。これらのリモートI/Oはペイントラインのバスシステム全体のバックボーンを形成します。

耐環境性

このリモートI/Oはコンパクトかつ、樹脂充填されており、保護等級はIP67/69Kです。使用温度範囲も -40~+70 °Cと非常に広く塗装ラインでも使用可能です。リモートI/Oに搭載されている診断機能は、お客様の製造ラインの可用性を向上させます。

Select Country

Turck worldwide