DINレール用の温度変換器

BPリンゲン精製所は、タークのDINレール用温度変換器IM34で近代化を行いました

石油の精製において、温度は非常に重要なパラメータです。石油精製所をより効率的に運用するために、温度測定の高度化が求められています。BP社のリンゲン精製所では、タークの温度変換器IM34が、近代化の一環として採用されました。

  • 数百機のユニバーサル温度変換器 IM34 が設置されています

  • 19インチラックの代替として、整然と並べて設置された IM34

  • BP社のリンゲン精製所

DINレールにより19インチラックを置き換え

1980年代に導入された温度変換器の交換は、BPのリンゲン精製所において課題となっていました。制御室で使用されていた19インチラックの変換器とは対照的に、ここではDINレール用の温度変換器にアップグレードされました。”弊社のケースでは、19インチラックの交換よりもDINレール用の温度変換器の採用のほうがコスト的なメリットが大きかったです。また、交換作業も迅速に行うことが可能です。"

BPの担当者は19インチラックの置き換えにおいて、様々なサプライヤの製品との比較検討の結果、タークの温度変換器IM34を選択しました。温度変換器の交換は行われましたが、温度プローブは一部の交換だけ行われました。温度変換器の交換だけで要求事項を満足する部分もあったためです。この場合、温度プローブと変換器間の配線は交換せずにそのまま使用することが可能です。

多様な入力に対応するIM34

しかしながら、温度プローブを交換した部分もありました。例えば、Pt100は熱電対よりも温度測定の精度が高いのが理由のひとつです。熱電対はPt100に対して測定温度範囲が広いことが長所です。このように測定するポイントの特性に合わせて温度プローブの使い分けが必要となります。タークの温度変換器IM34は、熱電対やPt100以外の入力にも対応しており、機種を変更することなく対応が可能です。また、FDT/DTM技術に対応しており、温度変換器IM34のPCインターフェースからPCに接続し、FDTフレーム上でIM34のDTMを開くことでパラメータの設定などを簡単に行うことが可能です。

Select Country

Turck worldwide