溶接・最終組立工程におけるセンサ

FAWフォルクスワーゲンは信頼性高く、正確なUprox+を溶接及び最終組立工程に使用しています

自動車メーカーの自動化された生産ラインに対する要求は、日々高まっています。自動車メーカは、非常に優れた、高品質の、各アプリケーションに特別に調整されたソリューションを求めています。新しい材料、生産技術、およびオートメーションのレベルでは、オートメーションソリューションが絶えず更新される必要があります。 FAW-VWは、中国の生産工場での溶接および組立プロセスにおいて、タークのUprox+センサという多目的で信頼性の高いソリューションを見つけました。

  • タークのuprox+はアルミや真鍮などの鉄以外の金属に対しても等距離で検出が可能です

  • 溶接工程においてもuprox+センサをお使いいただけます

フォルクスワーゲンの新しい Sagitar や Magotanといった工場と同様に、信頼性が高く高品質な生産ラインを構築するために、FAW-VW Automobile Co., Ltd.社(First Automotive Works社、Volkswagen AG社、Audi AG社、Volks­wagen Automobile (China) Investment Co., Ltd.社の合弁企業)はタークのセンサ技術を採用しています。

センサへの高い要求

中国の自動車産業における急速な発展の過程で、品質、機能性、効率性に関して顧客の要求が高まっています。これにより、最終的にすべての自動車メーカーのように、FAW-VWが、さまざまな車種とモデルを1か所で柔軟に生産するために、新しい材料と技術を使用するようになりました。同様に、使用されたセンサ技術に関する自動車製造業者の要求が高かった。スタンプ、塗装、溶接、最終組立など、自動生産のさまざまな段階でワークの位置を検出できるようにするには、センサは堅牢で汎用性があり、費用効果が高くなければなりません。 uprox+製品ラインが完全に満たされます。

異種金属でもファクター1

卓越した技術により、保護等級IP68に適合するように設計されたセンサは、鉄、ステンレス鋼、銅、アルミニウム、真鍮のいずれであっても、検出距離の減少要因なしにすべての金属を検出します。従来のフェライトコアセンサと比較してuprox+により、FAW-VWは50mmまでの非常に長い検出距離で生産ラインで使用されるすべての金属を検出することができました(FAW-VWはNi50U-CK40シリーズを使用しています)。設置の自由度が高く、適用範囲が広いです。ファクター1センサのさらなる利点は、生産ライン内の多くの用途に対して、様々なタイプのセンサを必要としないことです。限られたタイプ数で多くの用途に対応可能であり、予備のセンサを大幅に削減できました。

FAW-VWプラントの最も難しいアプリケーションの1つは、溶接工程です。全体的な生産ラインでは、様々なセダンモデルの5,000個の部品の個々のスポット溶接ステップが実行されます。自動運動シーケンスを監視するために、FAW-VWはタークのMTシリーズのセンサを用いています。ロボットアームに取り付けられたテフロンコーティングされた近接センサは、ワークピースの位置を断続的にチェックします。溶接アセンブリでは、必要に応じてそれらを修正できるようにワークピースの位置を早期に検出するためのではなく、環境条件からの影響を低減させるためにも、長い検出距離が必要です。また、uprox+センサにはフェライトコアが含まれていないため、溶接プロセス中に発生するような強力な磁場による影響も少なく、これらによって溶接スパークや機械的摩耗の影響も低減できます。

Select Country

Turck worldwide