組立装置のアングルセンサ

Möve-Metall社の平行アームを用いた組立装置はタークのアングルセンサと共に正確なネジ締め位置へ導きます

MühlhausenのMöve-Metall社は、主として自動車部品サプライヤーにを組立および試験装置を供給しています。製造プロセスにおいて手作業による作業が必要な場合でも、この組立装置が正確な組立条件を保証します。自動車シートのねじ込みも同様に、平行アームを有する組立装置を用いて正確性を出しており、このアームにはタークのアングルセンサが利用されています。

  • 0.09°の分解能により、タークのアングルセンサは装置に精度を提供します

  • タークのアングルセンサによりアームの正確な位置を検出します

ドイツのテューリンゲンに本社を置くMöve-Metall社は、平行アームやその他のいわゆる反作用アームを備えた組立装置を製造しています。 Möve-Metall社は自動車部品メーカのための組立および試験装置を設計、製造しています。同社は、組立工程で使用する位置検出付きの平行アームを開発しました。これにより、ネジとリベットの位置測定が可能になり、不正確な組立が確実に防止されます。

「ドライバーデバイスは、平行アームにクランプされています。操作は、平行四辺形の原理に基づいており、スクリュードライバの正確で再現可能な位置決めを確実にします」と同社の技術マネージャーであるMichael Zimmermannは述べています。パラレルアームの3つのジョイントでの位置監視は、タークのアングルセンサによって行われます。

各ねじセットのパラメータはコントローラに保存されています。オペレータが第1のねじをねじ込むことを望む場合、オペレータはアームを適切な位置に案内します。コントローラーが正しい位置を登録し、スクリュードライバーの電源または圧縮空気を解放します(最初はOK)。オペレータは、コントローラが必要な数のドライバ回転数を登録して(2番目のOK)、要求されるトルクに達した状態(3番目のOK)までねじをねじ込み、ねじが正しく装着されることを保証します。これら3つのOKがコントローラによって登録されている場合のみ、次のスクリューを取り付けることができます。シーケンスが事前にプログラムされている場合は、コントローラに格納されたスクリューを2番目のねじとして取り付けることができます。

非接触式のメリット

「位置監視は比較的新しいものです。アングルセンサにより、組立工程の安全性がさらに高まり簡単に実装できます。 タークのアングルセンサの大きな利点は、非接触での検出が可能な点であり、したがって、位置決め要素への機械的な接続を必要としないことです。機械的な接続や接触によるわずかな衝撃が測定に影響を及ぼすため、非接触による検出は組立プロセスを大幅に改善します」とZimmermannは説明します。

アングルセンサの別の利点は、磁界および金属環境に対する耐性です。光電式や磁気式のセンサは、回転式エンコーダとセンサとの間に機械的接続を有するか、または大型モータまたは溶接装置によって生成される磁気環境の影響を受けやすいからです。

Select Country

Turck worldwide