ゾーン2、ゾーン22でのRFID

WACKER社は、粉塵の爆発性雰囲気ゾーン22内でタークのRFIDシステムを使用しています

粉末は用途に応じて、異なる粒度で製造されなければなりません。このプロセスを確実に実行し文書化するために、WACKER社は、タークのRFIDシステムを使用したタンブラースクリーンのメッシュ幅を認識させるシステムを導入しました。これは粉塵の防爆性雰囲気の中での使用も認可されています。このシステムの優れた経験の結果、同社は現在、カップリングステーションにおいてもRFIDシステムを装備しています。

  • WACKER社は複数のタンブラースクリーンにタークのRFIDシステムを導入しました

  • 防爆対応のリードライトヘッドがメッシュの粗さ情報を写真左のRFIDタグから取得

  • スクリーンの情報はリモートI/O BL20 を介してPLCに送信されます

WACKER社では、接着剤、石膏、スクリードおよび他の建築材料に添加して、特定の特性が追加される粉末を製造されています。最終製品を製造するために、液体は製造工程の最後に乾燥塔で乾燥されます。得られた粉末は、パッケージングする前にスクリーン状のふるいにかけられて、粉末の大きさ(粒度)であることを確認します。

粉体の製造における透明性とトレーサビリティを高めるために、生産工場はふるいに使われるタンブラースクリーンのスクリーンサイズの自動認識システムの導入を要求しました。”これまで、工場の作業員がスクリーンサイズを手動で測定していました”と、プラントエンジニアであるMichael Holzapfelは説明します。 "人的ミスの可能性を排除するために、各バッチに使用されたスクリーンを自動的に測定する必要があります。これにより、進行中のプロセスの品質を保証するだけでなく、適切なスクリーニングプロセスの履歴情報を得ることができます。

この工場の特定の環境条件のために、WACKER社はRFIDソリューションを使用することとしました。しかしながら、該当する場所は粉塵の爆発性雰囲気の中です。”タークは、爆発性雰囲気ゾーン22向けの認証を取得しているRFIDシステムを提供できる唯一のメーカでした”とミルハイムのオートメーションスペシャリストHolzapfelは選定理由をを説明しています。

WACKER社では、タンブラースクリーンにゾーン2及びゾーン22でに使用が認証されているTNLR-Q80-H1147-Exタイプが取り付けられています。そこで使用されたすべてのスクリーンのメッシュ幅は、RFIDタグTW-R50-B128に格納されます。円盤状のタグは、スクリーンの端に、ストラップの真下で、メッシュ幅の光マーキングを付けて取り付けます。リードライトヘッドはメッシュ幅を読み取り、3つのBL20リモートI/Oの1つを使用してPROFIBUS通信でプロセス制御システムにデータを渡します。

”RFIDシステムに付属のファンクションブロックは、Siemens S7 PLC用にプログラムされており、ここで使用されているようなシーメンス製 PCS7プロセス制御システム用にはプログラミングされていませんでしたが、当社のソフトウェアスペシャリストは、タークと緊密に協力して、S7ファンクションブロックを迅速に適応させ、現在はPCS7でも実行できるようにしました”

Select Country

Turck worldwide