RFIDによるトレーサビリティ

RFIDが自動車業界にもたらすメリット

すでに20年以上に渡り、自動車業界ではボディ搬送システムにおける生産タイプの認識を主としてRFID技術が用いられています。技術の発展により、今日ではすべての自動車の生産タイプやコンポーネントの識別、生産ライン全体に渡る品質管理に生かされています。

  • 多くの自動車メーカでご利用いただいています

RFIDの主な利点の1つは、データをタグから読むこともタグに何度も書き込むことも可能な点です。部品にタグを取り付けると、生産ライン全体に渡る製造データや関連データ、さらに品質検査のデータもタグに書き込まれ、完成した製品とともに、製品のすべてのデータを品質管理システムに取り込むことが可能です。

これとは別のRFID技術の利点は、電磁波による情報伝達が環境への影響を受けにくいことです。外部から印刷されたバーコードは高温、埃や湿気によって使用できなくなるが、特殊なRFIDデータキャリアや堅牢なスキャナは、非常に厳しい環境条件下でRFIDシステムを使用することが可能です。

自動車業界におけるRFIDタグ

タークが提供している高温対応のタグは、生産ライン全体を通して車体を輸送するスキッドブロックに取り付けることができます。これは、輸送システムが同じままである限り、車両の経路を最初の段階から最終組立工程まで追跡する方法です。主に車体用のモノレールコンベヤ、スキッドその他のキャリアやエンジンやアクスルなどのより大きなコンポーネントが識別されます。

製造プロセスの開始時にデータキャリアが車体にしっかりと取り付けられていると、初期段階から塗装、最終組立から出荷まで、いつでも安全に身体を識別できます。

UHF帯の使用

搬送システムにタグが装備されている場合、タグとリードライトヘッドとの間の距離は短い状態で維持されます。しかしタグが車体に直接取り付けられていると、その離隔距離は必然的に大きくなります。主に30〜100cmです。このため、送信範囲が数十cmに制限されているHFシステムはではなく、最大3メートルの範囲を可能にするUHF帯のRFID技術が必要となります。

部品製造から最終組立まで

UHF帯のRFIDタグは広く使われており、タグの価格は非常に安価になってきています。したがって、車体だけではなく、各部品に個別に取り付ける事が可能な状況となっています。つまり、自動車メーカの工場内だけでなく、部品サプライヤの製造段階から、自動車メーカの最終組立、テストに至るまでをカバーできるようになってきています。

Select Country

Turck worldwide