デュアルセンサによるバルブ開度のフィードバック

オーストリアのプラント建設会社 GAW Technologies社はタークのデュアルセンサでバルブ開度のフィードバック情報を活用

オーストラリアのプラント建設会社 GAW Technologies社は、紙および厚紙業界向けの化学品およびコーティングカラーの再処理工場で世界的に知られています。無数のバルブの状態を効率的かつ信頼性をもって監視するため、同社はタークのデュアルセンサを利用しています。

  • 樹脂充填されたデュアルセンサは汚れや水分に対する耐性が非常に高い

  • 脱着可能な端子台タイプは、センサの設置及びセンサ本体の交換が非常に容易

60年以上にわたり、GAWという名称は、産業プラント製造における能力と品質を表しています。オーストリアのグラーツに本拠を置くこの企業は、GAWグループの国際事業グループの中心であり、その活動は、紙と厚紙、自動車、化学、環境の4つの事業分野に集中しています。

無数のバルブ

再処理工場では、コーティングの色および他の機械に必要な清水、廃水および化学物質が処理されます。したがって、プラントには大量の空圧式および手動式の遮断弁およびボール弁が必要です。スムーズな製造プロセスを実現するためには、バルブごとにできるだけ多くのステータスレポートを受け取る必要があります。 GAWは、これらの機器の最終的な監視のための経済的かつ安全な解決策を模索していました。タークのデュアルセンサが空圧式への答えでした。

端子台接続タイプの選択により、GAWはセンサの種類を減らし、購入と保管の複雑さを軽減しました。さらに、固定配線が必要なモデルと比較して、センサの設置がより簡単で迅速です。脱着式の端子台であるので、エンジンの定期的なメンテナンスがはるかに迅速で安全になるため、GAWのお客様も同様の利点があります。端子台がなければ、すべての配線を外して再接続する必要があります。それは長い時間がかかり、簡単に再配線時の接続ミスにつながります。

脱着式の端子台を外してもセンサは固定されたままです。そして端子台を元に戻せば配線は再接続されます。GAW社ではこのデュアルセンサをこれ以外のアプリケーションに利用し、何百ものセンサを使用しています。

Select Country

Turck worldwide