RFIDによる製造プロセスの文書化

タークのRFIDシステムは、Gefasoft社の自動ローディング/アンローディングシステムで製造プロセスを文書化しています

製造の自動化、画像処理および識別の専門家として、Gefasoft社は自動車および半導体業界の主要メーカの中で名を馳せています。レーゲンスブルクに本社を置く同社は、RFIDを使用するにあたって、長年さまざまなメーカのシステムを使用してきました。現在はタークのRFIDシステムをアセンブリや自動測定装置として使用しています。

モジュール式組立システム

Gefasoft Automatisierung und Software社は、半導体業界の有名な顧客のために、マルチチップモジュールの製造のための自動ローディング/アンローディングシステムを開発しました。このシステムは、多数のワイヤボンダーをリンクし、同時にボンディングされたチップモジュールの品質管理を処理します。機械はモジュラー設計で、3つのマガジンハンドリングステーション、ワイヤボンダー上の搬送経路、部品キャリアの横方向および逆方向の搬送経路を備えた1つのロード/アンロードモジュールで構成されています。ハンドラが処理されたチップモジュールを良品マガジンに移す前に、RFIDおよび画像処理を使用して正しい配線が確認されます。リジェクトパーツパンチは、欠陥のある部品を決められた位置の穴でマークします。

部品キャリアと対応するステーションには、タークのRFIDシステムが装備され、PROFIBUS-DPによって制御システムに接続されています。全体的に6つの読み書きポイントが現在システムに組み込まれています。1つは積載エリアのランプに、もう1つは3つのワイヤーボンダーの前にある保守ポジションに、もう1つは横送りに、もう1つは不合格を示すパンチの前に。”現在のシステムの拡張段階では、代替技術による部品キャリアの識別も処理できました”とHaraldGrünbauer社長は説明します。"このRFIDシステムはモジュール式であるので、システムを簡単にアップグレードすることが可能です。”

金属のRFIDタグ

”RFIDタグは金属製の部品キャリアに取り付けられます。一般的なRFIDタグは金属上に取り付けることは不可能です。しかしながら、私たちのテストでは、タークのRFIDシステムではこの問題に問題はなく、最初から機能しました”とプロジェクトエンジニアのMarcusMüllerは楽しく説明します。 タークは、金属の上または中に設置するための特別なRFIDタグを提供しています。

製造プロセスの文書化

Gefasoft社は、すべての製造プロセスをパーツキャリアに直接記録するためにRFID技術を使用しています。最初の読み書き位置はローディングマシンの出口にあります。ここでタグは、指定されたすべてのコンポーネントが正常にマウントされたかどうかについての情報を受け取り、さらに処理することができる。部品キャリアの4つの点が正しく充填されている場合は、タグの内容が追加され、処理リリースが含まれます。各構成要素の処理の成功または失敗に関する情報は、以下の処理ステーションに追加されます。最後に、最後のRFIDステーションでは、タグへの分類に応じて、データがエクスポートされ、個々の部品がオペレータによって良品マガジンまたは不良部品パンチに転送されます。生産データは、バッチごとにレポートファイルにアーカイブされます。

Select Country

Turck worldwide