UHF帯RFIDによるスイッチギアの識別

SGC社ではRMUリングの識別を34個のタークのUHF帯RFIDリードライトヘッドで行っています

製品種別の数が多いほど、結果として生じる製造上の複雑さを管理することが難しくなります。これは、スイッチギア組立メーカのSwitchGear Company社の場合も同様でした。同社ではタークのUHF帯RFIDシステムを使用して、多くの種類のDR-6シリーズの生産管理を行っています。これにより生産効率と柔軟性、品質保証が向上されます。テストにおいてもでは正しいデータが自動的にロードされ、手動であると発生する可能性のあるエラーを大幅に削減します。 プログラミングはCodesysを使用し、BL20ゲートウェイ上のRFIDシステムの制御ロジックをプログラムしました。

  • 生産工程の全般に渡り、RFIDタグは中電圧キュービクルの底部につけらてる

  • リードライトヘッドは中間在庫への格納及び出庫の際にも記録を行います

  • 試験を行う際の試験用の設定値はERPシステムからもたらされます

  • BL20ゲートウェイとRFIDモジュール(右上)はERPシステムと通信を行っています

  • Sophie Vandoorne氏と Patrick De Clercq氏

数年前、ベルギーの中電圧キュービクルメーカであるSwitchGear Company(SGC)社は、DF-2モジュラー式中電圧キュービクルに重点を置いていました。リーク電流などの問題が発生するとアークが発生する可能性があります。これはモジュール単体の爆発を引き起こす可能性があり、この場合、この1つのモジュールのみを交換するだけで済みます。スイッチギヤアセンブリの寿命は通常30年以上であるため、このソリューションは非常に経済的です。

しかし、市場は安全性の点で妥協のないより手頃な価格の製品を要求していました。その結果、SGC社はDR-/DT-6製品シリーズを開発しました。これらのコンパクトなユニットは、1つの筐体に中電圧キュービクルの異なる機能を組み合わせであるリングメインユニット(RMU)を格納します。 SGCは当初、RMUを主に個別生産方式で製作しました。しかし、需要が増加するにつれて自動化された生産ラインが必要でした。 RMUを経済的に生産するには、手動作業を最小限に抑える必要がありました。

多品種生産に必要な生産方式

このRMUには製品型番が非常に多く存在します。手動での製造においてはこのバリエーションの多さがネックでした。特に生産中と生産後に実施するテストが必要でした。

高レベルの複雑さにもかかわらず、効率的かつ何よりもエラーのない生産を保証するために、SGC社はRFIDシステムの使用を決定しました。これは、1回限りの識別コードを使用して、いつでも各RMUを識別するために必要です。したがって、ERPシステムからのすべての関連データはこの識別コードにリンクされ、生産現場で利用されます。

 

UHF帯のRFIDシステム

HF帯のRFIDのリードライトヘッドは70cmまでの通信は可能ですが、これでは不十分でした。よってUHF帯のRFIDを使用することを決定しました。

プログラム可能なリモートI/O、BL20により、タークは制御タスクを引き継ぎ、より上位レベルのシステムとは独立して動作できるソリューションを提供することができます。このシステムは、TCP/IPを介してSGC社のERPシステムと通信します。 SGC社は、BL20-RFIDインタフェースが1つのリードライトヘッドのみがを読み取ることのみを許可することによって、2重読み取りのリスクを最小限に抑えました。

”RFIDシステムの最大の利点は、柔軟性の向上、安全性の向上、各生産工程の恒久的なトレーサビリティ、必要な最小限の手動操作です”とSophie Vandoorneは説明します。

Select Country

Turck worldwide