ジャガイモ加工工場における非接触式ロータリーエンコーダ

タークの非接触式ロータリーエンコーダ QR24はジャガイモ加工工場で、その特徴的な測定原理の利点を発揮します

光学式や磁歪式などのエンコーダの弱点は、その測定原理に起因しており、汚れや環境耐性、耐ノイズ性能などがあげられます。Schaap Holland社のジャガイモ加工工場において、タークの非接触式ロータリーエンコーダ QR24は、このような弱点に起因する不具合を解消して可用性を高めています。

  • 位置決めエレメントはエンコーダ本体背後のアルミ製の保護リングの中でエンコーダ本体とは非接触で回転しています

  • バッファコンベアは最大で500kgのジャガイモをバッファリング可能

  • ステンレス製の保護カバーがモーターとロータリーエンコーダを保護します

  • 光学式のロータリーエンコーダは物理的なダメージによりトラブルが多い

  • HMIパネル上に表示される2つのベルトとポテトを表す白い表示

全自動の加工工程

加工したジャガイモを供給している Schaap Holland社は、年間45,000トンのジャガイモを小売店や飲食業界向けに出荷しています。ジャガイモの選別、洗浄、皮むきが加工工場で行われますが、これらはほぼ全自動化されています。連続したベルトコンベア上で加工後の洗浄を終えたジャガイモは冷却トンネルを通過します。全工程が停止することを避けるために、包装機械の計量システムの直前にバッファコンベアを設置しています。

QR24がバッファコンベアを監視

バッファコンベアを導入する前は、包装材料が再充填されるときに、全工程が停止する必要がありましたが、搬送速度を他の工程よりも抑え、500キロのジャガイモをバッファ可能なバッファコンベアの導入後は必要なくなりました。タークの非接触式ロータリーエンコーダQR24は、このベルトコンベアを駆動するモータの監視を行っています。

機械的な負荷が非常に高い

このモータの回転数は速くありません。QR24は12パルス/回転に設定しました。冷却コンベアは5cm/パルスとして監視される必要があります。しかしながら、この監視に問題がありました。以前使われていたロータリーエンコーダは光学式のものであり、モータの回転軸と接続して所定の位置に留めるためにカップリングを用いて設置する必要はありました。しかしながら、そのモータの振動によりカップリングは少しづつズレを生じさせ、この光学式のロータリーエンコーダは2年も持ちませんでした。

カップリングもベアリングも不要

タークの非接触式ロータリーエンコーダを用いて頂くことで、問題はなくなりました。ロータリーエンコーダと回転軸とを接続するカップリングは不要です。回転エレメントだけを回転軸に取り付けるだけでエンコーダ本体は回転軸との接続は不要です。”これこそが長年探していたものです。この非接触式ロータリーエンコーダを見た瞬間に、これが回答だとすぐに分かりました”

非接触式ロータリーエンコーダ QR24

非接触式ロータリーエンコーダ QR24は、エンコーダ本体も回転エレメントも樹脂充填されており、この2つは完全に分離かつ非接触で回転軸に取り付けた回転エレメントの回転をエンコーダ本体が測定します。したがって、衝撃や振動に非常に強い構造となっています。また、ノイズ耐性や耐環境性も光学式や磁歪式などのロータリーエンコーダと比較し非常に高いものです。

Select Country

Turck worldwide