エンジン製造ラインでのRFIDの活用

タークのRFIDシステムによりエンジン製造工程において、部品の正確な位置把握に利用されています

中国の自動車メーカにおいて異なるエンジンの製造管理にRFIDが利用されています。システムインテグレータはPROFIBUS-DPとMODBUS TCPシステムへのRFIDシステムの容易な導入が可能なタークのモジュラー式のRFIDシステムを選択しました。

この自動車メーカでは、エンジン製造ラインにRFIDの導入により部品選択ミスを防止を図ります。

多変量生産

上海のシステムインテグレータ Tianyong Mechatronics社はこのエンジン製造ラインの管理と品質管理のためにタークのRFIDシステムを選択しました。この自動車メーカでは同一の生産ライン状に複数タイプのエンジンを流して製造しています。RFIDシステムのリードライトヘッドは流れてきたエンジンブロックに取り付けられているタグを読取り、製造すべきタイプのエンジンの部品情報をデータベースから判別します。

作業員は小さな部品をピッキングコンテナから取り出しますが、リードライトヘッドが読み取ったタグに基づき、選択すべき部品のライトを光らせることで、作業員に選択すべき部品を示します。

また、作業員が部品を取り出すピッキングコンテナを収納する棚にもタグが取り付けられており、部品供給と配置位置の間違いも防止している。

このエンジン組立ラインでは複数のフィールドバスが使用されており、モジュラー式で異なるフィールドバスプロトコルでも対応可能なタークのRFIDシステムはこのシステムに最適です。

モジュラー式の素晴らしさ

システムインテグレータ Tianyong Mechatronics社のプロジェクトマネージャであるChuanhua Rongは、タークのモジュラー式のRFIDシステムの柔軟性に感銘を受けました。 "モジュラー構造により、同じRFIDモジュールを異なるフィールドバスゲートウェイで使用できました。これにより、モデル選択が簡単になります。異なる通信プロトコルを実装するにはゲートウェイを置き換えるだけで済みました。同じRFIDベースモジュール、リードライトヘッド、タグ、ケーブルセットをすべてのゲートウェイに使用できます。"

Select Country

Turck worldwide