BL20プログラマブルゲートウェイによる画像処理装置の制御

ISW社のPALCユニット画像処理システムは、タークのBL20プログラマブルゲートウェイを使用して、データマトリクスコードとプレーンテキストをチェックします

ドイツのIndustrielle Sensorsysteme Wichmann GmbH(ISW)社によって製造された高度な画像処理システムは、あらゆる産業分野で使用されています。 PALCユニットシリーズのマシンでは、タークのBL20プログラマブルゲートウェイは、さまざまなセンサと機器の信号を処理し、PLCとして動作し、サブシステムの機能を調整します。このアプリケーションのための簡単なプログラミングとコンパクトな製品は、BL20システムの選択の主要な要因のでした。

  • カートンはコンベア上を搬送されカメラの前を横切り印刷品質が検査されます

  • PALCユニットで光電センサが排出エリアで使われています

  • 排出の要否を決定します

  • ISW社ではPALCユニットの制御システムとしてプログラマブルなリモートI/O BL20とプログラミング言語Codesysを採用しています

  • 印刷品質を検査するカメラ

  • ISW社のPLACユニット全景

  • Tobias Wichmann氏 ”プログラマブルなリモートI/O BL20が制御システムの主役です”

PALCユニット(Package Aggregation Line Controller)は、主に製薬業界で使用されています。PALCユニットは、カートンボックスにシリアル番号、生産特有のデータおよびデータマトリックスコードをマークし、次にプリントの品質をチェックします。これは、最終顧客(すなわち、ドラッグストア)における可読性を保証するために必要である。

PALCユニットでは、ボックスはベルトコンベアで照明システム付きのカメラに送られます。入口部分の光電センサが、印刷および測定プロセスの開始指示を出すトリガーとなっています。カメラは、学習したパラメータを使用してプリントの品質をチェックします。印刷結果が目標値と一致しない場合、このボックスは、ベルトから圧縮空気ノズルを通って排出シュートに吹き飛ばされます。

PLCとしてのCodesysゲートウェイ

”PLCはシステムの中核です”とISW社の代表取締役、Tobias Wichmannは述べます。このアプリケーションでは、制御はタークのBL20プログラマブルゲートウェイによって行われます。"すべての信号は、IPC信号、センサ、トリガー信号、カメラ検査信号、圧縮空気モニターなど、PLC上に集約され処理されます。タークのBL20プログラマブルゲートウェイこのアプリケーションに適したサイズです。もう一つの利点は、我々はすでにプログラミングソフトのCodesysの経験を持っていたことです。大手メーカーPLCには、プログラミングコースを受講して修了させる必要がありました。BL20は我々のソリューションを迅速にプログラムすることができます。したがって、PALC用の適切なコントローラを選択することは容易でした。" 工業用PCとBL20プログラマブルゲートウェイ間の通信は、TCP/IPイーサネット接続を介して実行されています。

 

Select Country

Turck worldwide