プレス工程における金型の自動認識

金属プレス工程においては、製造する目的にあった正しい金型が装着されていることが重要です。自動認識を行うRFIDシステムは金型の選択ミスを防ぎます。タークのRFIDシステムは高い保護等級と現場の需要に見合った通信距離を提供し、またタークの誘導型近接センサはプレス対象の金属板が正しい位置にあることを確認します。

 

このRFIDと誘導型近接センサのコンビネーションはスムースな生産の流れとコストアップ要因となるダウンタイムを防止します。RFIDシステムのリードライトヘッドと誘導型近接センサは、同一のI/Oステーションに接続してシステムアップすることが可能です。

メリット

  • RFIDシステムは選択された金型が正しいものであるかどうかを確認します
  • 誘導型近接センサはプレスされる金属板が正しい位置にあるかどうかを検証します
  • これによりプレス工程のダウンタイムを削減します

  • 金型に入った状態での金属プレス

  • 金型の識別とプレス鋼板を組み合わせたソリューション

  • 長距離検出可能な近接センサQ80タイプ

  • リードライトヘッド CK40タイプ

関連情報

Select Country

Turck worldwide