倉庫に対するRFIDソリューション

中国のタバコ製造メーカの倉庫においてタークのRFID技術が役立っています

外部のシステムインテグレータとして、China Post Science and Technology(CPST)社は、多くの中国企業の効率を向上させるための戦略を策定しています。 タバコ工場の倉庫管理を改善するため、タークのRFID技術を利用しています。

  • Baisha Groupの自動化倉庫において、タークのRFIDシステムが使用されています

  • リモートI/OBL20(左)、モータースターター(中央)、RFIDモジュールを取り付けたBL67リモートI/O(右)

  • ほとんどのリードライトヘッドは基本的な設定しか行っていません

倉庫管理システムを近代化し、サプライチェーンマネジメントを再構築するために、タバコ製造メーカBaisha Groupは、システムインテグレータCPST社の自動化ノウハウを取り入れました。

多様性への挑戦

タバコ製品の多様性は、生産の自動化にいくつもの課題を与えます。大規模なタバコ工場では多数のブランドが製造され、異なる包装に加えて、異なるタバコタイプ、切れ、アロマおよび他の添加物のような複数の成分が常に大量に貯蔵されなければならないからです。

2007年、タバコ工場の内部の物流システムをより効率的に構築するために、CPST社はタークのRFID技術を数多くの生産施設に導入しました。

RFID技術はプラントオペレータに、各倉庫設備に関係なく、サプライチェーン管理に多くの利点を提供します。以前に使用されたバーコードとは対照的に、シリアルナンバーのみに基づいて商品群(例えば、タバコ容器)を識別することを可能にします。2kバイトのメモリ容量を有するRFIDタグは、バッチ、受領日、または最も最近に実行された処理ステップも記録します。

容易なインテグレーション

このプロジェクトでは、Q80タイプのリードライトヘッドと、保護等級IP67のリモートI/O BL67が選択されました。リードライトヘッドはBL67リモートI/OのRFIDモジュールに接続され、BL67は上位のフィールドバスシステムと接続されます。そして上位の倉庫管理システムと接続されます。CPST社の電気設備管理者のCunyu Liは述べます。"コントローラに接続するのは非常に簡単で、実際には追加のプログラミング作業はありませんでした。私はあまり前もってこのように容易であるとは考えませんでした。"

アプリケーションに最適

フラットなRFIDタグは金属上に直接取り付けが可能です。リードライトヘッドもBL67リモートI/Oも耐環境性が高いので、コンベアに制御盤無しで設置が可能です。タークのこれらの特性は、本アプリケーションには大変適しています。

Select Country

Turck worldwide