車体組立工程でのRFID

タークはUHF帯のRFIDシステムにより、中国の自動車メーカに自動認識技術の高さの利点を実証しています

ワークピースに直接RFIDタグを取り付ける場合は、タグとの長距離通信のためにUHF帯のRFID技術が必要です。 タークは中国の自動車メーカにRFIDシステムを提供しています。RFIDタグは車体に直接取り付けられているので、ある生産工程だけでなくこれ以降の生産部門でも活用されます。

  • UHF帯のリードライトヘッド TN840/920 が車体に関するデータを読み書きします

  • レール上の部品はこの後、リードライトヘッドで読み書きされます

  • リモートI/O BL67がPROFINET通信によりデータをPLCに送信します

先進的な車体組立工程の搬送システム

車体組立工程は生産ラインの中にあります。生産ラインは細くて長く、高度に自動化されていて、その効率性は搬送システムがもたらしています。車体組立工程では、シャシーやサイドシルやフロアパネルなどが生産ライン上で結合されます。

車体組立工程には、機械的な搬送システムが必要です。効率的かつ連続的に稼動する高度な自動機械式搬送システムは、すべての工程を連結する必要があります。 PLCはシステム全体を制御し、システムの連続動作を担います。フィールドバスはPROFINETでこれはRFIDシステムも接続しています。近傍のインタフェースモジュールは、制御システムの制御下ですべての書き込みおよび読み出しプロセスを実行し、フィールドバスを介してタグ内のデータを制御システムに送信することができます。

溶接工程の最適化

溶接は、自動車製造の4つの主要な工程の1つであり、複雑な設備があり、迅速な生産の要です。したがって、生産ラインのコンベア効率の向上と生産の待ち時間の短縮は、1回のシフトの出力を確保し、生産コストを削減するための重要な要素です。

RFIDシステムの導入は、クライアントにとってのこれらの問題を解決します。車体にUHF帯のRFIDラベルを貼り付け、車種に関する情報を書き込むことにより、各車種の実車位置をリアルタイムに把握することができ、車種別に自動的かつ効率的に車を分類して適切な場所に搬送することができます。

生産ラインでは、溶接ラインに入る5~6台の車のラベルの情報を読み取ることによって、対応する溶接部品を事前に準備することが可能です。この方法は、生産ライン全体の連続性を大幅に改善し、溶接工程の待ち時間を低減します。

また、各工程の情報システムは、以前は比較的独立しており、工程間で車部品を搬送する場合には、多大な情報交換が必要でした。現在では車体にタークのUHF帯のRFIDラベルが付いており、タグは車体とともにすべての工程を通過するため、工程間で情報を伝達するステップを回避し、生産プロセスの大幅な簡素化と生産効率の向上を実現しました。

Select Country

Turck worldwide