フィールドバスによる柔軟性

  • 全方向へのガルバニック絶縁がBasell社がターク製品を決定した要因でした

  • FFシステムの各フィールド機器に電源を供給するタークのFF電源(写真下部)

  • Basell社の最初のFFシステムはタークのマルチバリア等のFF関連製品と共に構築されました

記録的な時間でプラントの再構築

フランクフルトのBasellのオートメーションチームリーダーであるHarald Liebisch氏にとってのエキサイティングな場面が2005年12月に始まりました。その結果として重合プラントを記録的な早さで再構築しました。「年末に行った最初の決定は、ファンデーションフィールドバスを用いて3か月以内にシステムを構築出来る製品の選定でした。」

Liebisch氏はタークのフィールドバスバリア、マルチバリアを知っていました。しかしながら、タークのソリューションが紹介された時、すぐに決断しました。「全方向へのガルバニック絶縁というタークのソリューションはこれまでに聞いたことがなく、すぐに製品決定を行うに十分でした。」

全方向ガルバニック絶縁のマルチバリア

タークのマルチバリアMBD-49-T415/Exは、最大120 mのEx-iの支線を取り付けることができます。幹線と出力回路の間、および4つの出力回路の間には完全なガルバニック絶縁が提供されています。これにより、電位差による補償電流の発生を防止します。統合短絡保護は、フィールドバスノードで短絡が発生した場合にアクティブになります。影響を受ける出力のみが切断され、影響を受けたフィールドバスセグメントの幹線とその他の出力は動作したままです。

実際の計画は、タークの設定ツールのおかげで、決定プロセスと同じくらい迅速に完了することができました。 「このツールを使用して、セグメントの予備計画を立てました。フィールドバスラインの長さ、フィールドバスバリアの分割、入力のマルチバリアへの割り当て、設定ツールにより、これらすべてのポイントを非常に迅速に定義することができました」とLiebisch氏は説明します。

広大なプラント

Basellの重合プラントでは、現在合計9つのフィールドバスラインが稼動しています。それぞれの上流側に接続されたパワーコンディショナが、フィールドバスセグメントに電源を供給します。このプロジェクトの範囲には、ファンデーションフィールドバスネットワークを15セグメントに拡張する計画も含まれています。 「ターク製品には非常に満足しています」とHarald Liebisch氏は言います。 「ガルバニック絶縁に加えて、その信頼性と簡単な操作が優れています。私たちはタークに完全に移行して以来、これ以上の困難はありませんでした。したがって、ターク製品を使用して次の拡張ステージを実行する予定です」

結論

フィールドバス技術への切替により、フランクフルトのBasellの設置計画者は、市場の要求に柔軟に対応するための基礎を作り出すことができました。設備を適応させる速度は、最初のFFプロジェクトですでにテストされています。重合プラント内の設置は、試験段階なしで行うことが出来ました。

Select Country

Turck worldwide