チョコレート製造における視える化

  • RFIDシステムソリューションにより、製菓メーカは全ての形状をチョコレート型の認識により行えます

  • 耐環境性能の高いRFIDタグにより、チョコレート型の識別と現在の状況がどこでも把握できます

  • リードライトヘッドが様々な形状やサイズのチョコレート型を読み取ります

チョコレート製造メーカの特定の要求事項を満足するために、タークは、大手製菓装置メーカのWinkler and Dünnebier社、洗浄システムメーカのHildebrand社、チョコレート型製造メーカと協業しています。

絶え間ない自動識別

生産プロセス全体を通してチョコレート型を絶えず自動識別するために、型にはRFIDタグが装備されています。これにより、数多くの形や種類のあるチョコレート型を、たとえ倉庫にあっても、容易にいつでも識別することができます。すべての型のデータは一元的に利用できるので、倉庫にストックされた型を手動で数える必要はなく、処理を実行することができます。

生産ライン上において、すべてのチョコレート型は単一に識別されます。1つの工場内で数千も使用されている型を識別します。生産ライン上及び重要なチェックポイントに設置されているリードライトヘッドがRFIDタグに読み書きを行い、データは制御装置に伝送されます。作業員は、生産ライン上のどこに型が存在し、その型のその時点での生産過程をいつでも把握しています。例えば、流れてきたチョコレート型が、この後は充填を行うのか、冷却を行うのか、生産が終了して再度ラインに戻されるのかを判定できます。この情報は、負荷変動をより効率的に整理し、プラントのダウンタイムを回避するのに役立ちます。また、生産サイクル全体がリアルタイムで監視され、生産の障害発生が直ちに検出されます。

破損したか汚染されたチョコレートの型は、RFIDによって容易に識別され、製造プロセスから取り除かれ、接続された洗浄プラントに直接送られます。 タークの特殊なRFIDタグとリードライトヘッドを組み合わせることで、洗浄工程の環境にも耐えられます。モジュラー式コンセプトのおかげで、タークのRFIDシステムは、既存のオートメーションシステムと融合させることが容易に可能です。

自動認識による付加価値

ワイヤレスによる識別は、中間製品または最終製品または製品キャリアの識別よりも多くのメリットを提供します。最大数キロバイトのEEPROMまたはFRAMメモリは、識別番号(固有のID)で保存された製造日またはクリーニング時間を記録するので、衛生管理と品質のガイドラインを監視できます。また、装填またはハンドリングロボットに近い製品または製品キャリアの正確な配置のような自動化された手順は、RFIDシステムによって確実に実行することができます。最後に、汚れや重大な欠陥のために交換しなければならないフォームは、不具合製品の生産を防止するために排除することができます。

Select Country

Turck worldwide