爆発性雰囲気内での接続ホースの識別

爆発性雰囲気内での自動認識が特に要求されています。RFIDシステムは自動認識に有用ですが防爆構造では無いため、内圧防爆構造等の加圧システムが必要となります。タークの開発したTITシステムは、複数の本質安全防爆構造のセンサを1つのハウジングに組み込んでいます。これらは、接続対象のキャップの中にあるバイナリコードを表す金属を検知します。金属の配置によるバイナリコードを本質安全防爆構造で出力し、システムが識別を行います。正しい接続が識別されると、システムは有効になります。このようにして、このシステムは、爆発性雰囲気内においても、信頼性が高いホースの接続を保証します。

メリット

  • 接続ホースの自動認識により、爆発性雰囲気(ゾーン1)内でのシステムの信頼性と人員保護が向上
  • 本質安全防爆構造のセンサの組合せによる自動認識システム
  • 加圧システム不要な自動認識システムを開発

  • 本質安全防爆構造のセンサが金属の配置によるバイナリコードを読み取ります

  • タークの本質安全防爆構造の近接センサを利用したRFID代替のTITシステム

Select Country

Turck worldwide