アドバンテージ

工場・装置の可用性の向上

  • 状態監視を行うことにより予知保全が可能となり、工場や装置の意図しない停止を防止できます。これに加え、計画だった保全作業、保全用部品の計画的購入も可能となります。

最終顧客までの製品品質の向上

  • 品質検査が自動化され、不具合品の出荷を防止します。
  • データの取得と処理が自動的に行われ、トレーサビリティの確保と生産工程の最適化につながります

効率的な小ロット生産を可能に

  • 自動認識システムと末端までの双方向通信により、生産機種変更に伴う段取り替えをこれまで以上に素早く行えます

  • 双方向Incrで詳細な通信が効率を高めます。例えば、生産能力の余裕分が中央監視システムに伝えられ、生産計画に反映されます

  • 生産工程やシステムの最適化により使用エネルギーを削減できます

 

 

Select Country

Turck worldwide