検査装置をテストするボトルの認識

 

生産工程上で不良品が発生するようなトラブルが発生した場合、トラブルに関連するボトルは検査装置にかけられて不良品であるかどうかを確認する必要があります。検査装置が正常に作動し、不良品を識別するかどうかをテストするテストボトルを生産ラインに入れ、このテストボトルが不良品と判定されることも品質管理に重要です。RFID技術により、このテストボトルの中にRFIDタグを固定することで、検査装置のテスト工程の記録やテストボトルの履歴管理が可能となり、これらの管理も容易になります。

メリット

  • RFID技術を得たテストボトルにより、生産品質と製品の安全性を向上
  • ボトルの内部にRFIDタグを直接固定可能
  • バーコードの固定に必要な粘着テープの食品混入を防止

  • RFIDシステムによるテストするボトルの識別

  • リードライトヘッドはコンベアベルトの下に設置可能

  • 超小型のRFIDタグ TW-R9.5-B128 によりテストボトルの識別を行う

  • リードライトヘッド TNSLR-Q42TWD は目視なしでタグを認識します

Select Country

Turck worldwide