フィールドバスとコネクタと可動式石材製造装置

タークのフィールドバス技術とコネクタ技術が石材製造装置をサポートする

ストーンメーカーは、可動が可能な建設用石材の製造装置です。タークのコネクタ技術により可動式な製造装置が実現化されました。

石材製造装置の初号機はGray Trokeにより順調に組み上げられました。しかしながら、それに多用途性はありませんでした。製造装置は手動式のスイッチやリレー、押し釦を使用しており、現実的にはその使用用途が著しく制限されていました。

助けを求める

手作業が主体となる初号機と悪戦苦闘した後、International Hydraulics社のTerry Kellyや幅広く協力していた人たちから様々な提案を受けました。様々な検討を行った結果として自動化を行うことを決断し、そしてタークの技術者達と共に自動化した製造装置の計画を策定しました。それは世界中のどこでも安定して石材を製造することが出来るものです。

フィールドバス技術の採用によりこの製造装置の自動化を図りました。プログラミングが可能なBL20リモートI/Oを採用することで製造装置に自動化技術と汎用性をもたらしました。また、各種センサを適切に選択して配置しています。圧縮部分の上部に設置されているセンサは、石材の材料が適切に充填され、その圧力が適正であるかを監視して、建築基準に合致しているかを確認します。

プラグ&プレイ

タークのコネクタ技術を採用することで、製造装置にモジュール性を備えました。ストーンメーカーDM-185はモジュラーシステムとして設計されています。モジュールシステムの接続にコネクタ技術を用いることで、まるでプラグ&プレイの様に製造装置を作ることが可能となりました。

Select Country

Turck worldwide