ツールの自動識別

タークのRFIDシステムは、AEG SVS Schweisstechnik社の電極キャップチップドレッサーが電極キャップの正しいカッティングヘッドを確実に検出できるようにします

溶接装置の専門企業、ミルハイムのAEG SVS Welding Technology社は、特に電極キャップ、電極キャップカッター、および関連するフライスヘッドを製造しています。適切なカッターヘッドが電極キャップに適合するために、この企業は、タークのサポートも受けながらソリューションを構築しました。

  • 黄色のリードライトヘッドは回転中でもRFIDタグの情報を読むことが可能です

  • コンパクトなRFIDタグによりカッティングヘッドに取り付け可能

  • RFIDシステムをベースとした自動認識システム

困難なカッター識別

AEG SVSSchweißtechnik社は、電極キャップおよび電極キャップカッターならびに約200種類の異なるフライスヘッドも製造しています。フライスカッターに間違ったフライスヘッドが装備されていると、これが製造プロセスの微妙な干渉を招く可能性があります。フライスヘッドは外部から区別することが難しいため、AEGSchweißtechnikはこの識別を自動化する方法を模索していました。

タークによるサポート

タークのサポートを受けて、エンジニア達は、タークのRFIDシステムを使用して、フィッティング中にカッティングヘッドを検出するソリューションを開発しました。 直径18mmのリードライトヘッドが、切断ヘッドの斜め上方に取り付けられている。それは高速回転にもかかわらず切断プロセスを妨げるものではなく、タグとの離隔距離も読み書き可能な距離です。エンジニアは、カッティングヘッドに直接タグを設置しました。

リードライトヘッドは、タークのBL20リモートI/OのRFIDモジュールに接続されています。 Codesysプログラム可能なBL20ゲートウェイは、アプリケーション全体の制御を行います。エンジニアは、識別作業に加えて、切断ヘッドの速度と回転方向を検出するソリューションも開発しました。このために、切削ヘッドの2つの凹部を検出する切粉抽出システムに2つの近接センサを取り付けました。適切な制御論理を用いて、回転ディスクの切換パルスから切削ヘッドの回転方向および速度を決定します。誤ったカッティングヘッドが取り付けられていると、黄色のLED信号が出力され、装置の起動が妨げられます。

Select Country

Turck worldwide