バイオガスプラントのリモートI/O

Purac Puregas社のバイオガスプラントではタークのリモートI/O excomがゾーン1内で使用されています

スウェーデンのPurac Puregas社は、発酵された家庭ごみやその他の有機廃棄物から非常に効率的にバイオガスをメタンとCO2にアップグレードすることができるバイオガスの改良プラントの専門家です。 Purac Puregas社は、最近、ガス・プラントのメンテナンス作業を改善しました。新しいリモートI/Oシステムexcomは、すべての要求を満たしています。タークのexcomシステムは、爆発性雰囲気内でも使用できます。

  • CApureプロセスではリモートI/O BL67 がすべてのセンサとPROFIBUS通信の間を担っています

  • excom用のステンレス筐体の窓からexcomのLED表示の視認が可能

  • 厳しいスウェーデンにおいても、使用温度範囲-40 °C のBL67が過酷な環境に耐える

  • バイオガスプラントは3つのモジュールから構成されています

スウェーデンの民間企業で、水処理と廃水処理のためのプラント建設および製品を主要な事業とするLäckeby-Water Groupは、その子会社Purac Puregas社により、精製を含むバイオガスプラントを提供しています。 固体は精製プラントで発酵され、未精製バイオガスはほぼ純粋なバイオメタンに加工されます。 この目的のために使用されるCApureプロセスは、Purac Puregas社が生バイオガスから二酸化炭素と硫化水素(H2S)を抽出して純粋なバイオメタンに富化させるために開発した特殊化学プロセスです。

コンプレッサー室のためのexcom

セーブシェー地域のエネルギー会社向けのガスプラントにおいて、Purac Puregas社はより良いリモートI/Oを見つけ出しました。各プラントのコンプレッサー室では、ゾーン1内のリモートI/Oシステムが、爆発性雰囲気内のすべてのセンサおよびその他の信号を収集します。以前のリモートI/Oはゾーン1内で直接操作できませんでした。メンテナンスのために、顧客は常にプラントモジュールをシャットダウンし、コンプレッサルームをガス抜きしなければなりませんでした。多くの時間、仕事、お金が必要でした。たとえそれが、ちょっとした小さな問題のためであってもです。

改善されたメンテナンス

Purac Puregas社はタークのリモートI/O、excomを導入しました。これは従前に使われていたものとは異なり、爆発性雰囲気ゾーン1に設置が可能なものです。ステンレス筐体内のexcomが示すLED表示灯はステンレス筐体の窓から容易に視認が可能です。これにより保全担当者は問題を発見することが容易となり、必要な場合には、Purac Puregas社に電話をし、LED表示や診断メッセージを伝えることで遠隔からのサポートを受けることも可能です。

Purac Puregas社の上級電気エンジニア、Anders Rosengrenによると、excomの簡単なメンテナンスがシステム変更の主な理由でした。”稼働中のホットスワップによるメンテナンスの容易性とLED表示は、excom選定の主な理由でした。それ以外にも、excomは美的にもマッチします。私たちはステンレス製の筐体を望んでいました。excom用のステンレス筐体の中でexcomは、手袋のようにフィットします。

BL67はスウェーデンの冬にも耐える

Purac Puregas社はこのプロジェクト期間中に別のソリューションをタークの製品群から見つけました。プラントの屋外部分では、CO2吸収塔で、複数のバルブインジケータをPROFIBUS通信を介してPLCに接続する必要があります。 タークのモジュラー式フィールドバスI/OシステムBL67は、-40℃までの使用温度範囲であるため、過酷なスウェーデンの冬でも屋外で使用できます。 PROFIBUS通信は、excomと同じノードを介してPLCに接続されています。タークのセグメントカプラSC12により、本質安全防爆が提供されます。 BL67を直接屋外に設置することにより、Purac Puregas社は予熱された制御盤が不要になり、予熱器がエネルギー自体を使用していたため、ガスプラントのエネルギー効率が改善しました。

Select Country

Turck worldwide