キャビネットの冷却監視

タークのフローセンサFCSは中国の貨物用機関車内のコンバータキャビネットの空冷装置を監視しています。

  • 貨物機関車のインバータが発生する熱を冷却する制御が必要です

  • タークのコンパクトなフローセンサはスペースに余裕のないコンバータの制御ユニット内にも設置可能です

中国の機関車メーカーは、貨物機関車にタークのフローセンサを使用しています。気体監視用のフローセンサは、コンバータキャビネット内の空気流を監視します。気体の温度に変化が生じても正確に測定が可能で、限られた設置スペースしか存在しないコンバータキャビネット内に設置が可能な大きさの、コンパクトなタークのフローセンサが選ばれました。

 

高性能な交流機関車の駆動力は、主コンバータキャビネットに設置されたトラクションコンバータによって供給されます。機関車には、2つの独立した補助パワーコンバータキャビネットも装備されています。補助電力変換器は、冷却ファン、水およびオイルポンプ、空調ユニット、主圧縮機ならびにバッテリ充電器、加熱ユニットおよびその他の追加機器などの補助ユニットに電力を供給します。補助電力変換器は、通常動作時には1つのコンバータとスタンバイモードにある1つのコンバータで重複して動作します。このような多数の負荷が接続されている場合、機関車が不具合を起こさずに機能するには、コンバータおよびそれらが取り付けられたキャビネットの機能に大きく依存します。

 

制御キャビネット内の温度は、コンバータが動作している時間が長いほど高くなります。したがって、キャビネットには、空気冷却システムが装備されています。冷却システムが中断することなく確実に連続稼働するように、空気の循環を常に監視する必要があります。機関車の設計者は、気体の温度変化にかかわらず、流れが一定であったときに安定した出力信号を提供するセンサを求めていました。また、コンバータキャビネットの限られたスペースに問題なく取り付け可能なセンサが必要でした。

 

タークのフローセンサが要求仕様に適合

タークの気体用のフローセンサ、M18サイズは、機関車メーカの要件をすべて満たすことができるセンサでした。 FCS-M18-LIXは、限られたスペースでも取り付けが可能で、オスねじ付きの円柱形ハウジングのコンパクトなフローセンサです。この熱式フローセンサの測定原理は一般的には温度変化の影響を比較的受けやすいと言われていますが、タークのフローセンサは特別なセンサの設計といわゆるアラインメントフィッティングでこれを補正します。加熱部分と非加熱部分を流れ方向に対して平行にすることが重要となります。このフローセンサはそのように設計されています。

 

気体用に専用に設計されたFCS-M18-LIXは、いったん正しく整流されると、たとえ温度が上がっても確実に流れを監視します。したがって、タークのフローセンサは、機関車のメンテナンス時間を最小限に抑え、効率を向上させるのにも役立ちます。 タークのフローセンサは、センサ、プローブ、および処理ユニットを単一のハウジングに組み込んだコンパクトな設計のため、二つ目の顧客要件も満たしています。ハウジング様式がより大きいセンサまたは分離したアンプ部を備えたセンサは、このキャビネット内には設置できませんでした。

Select Country

Turck worldwide