溶接ナットセンサ

一体化されたセンサ付きの位置決めボルトは、溶接ナットとスリーブを確実に識別し固定します

シートメタルに接合するために、自動車産業はしばしばスペーサスリーブを使用する。スムーズで誤差のない製造プロセスを確保するためには、これらの部品の存在を確認するために継続的な監視が必要です。タークは従前に使用された高価な光学式検出方法の代わりに、新しい溶接ナットセンサにより、手ごろな価格で信頼できる検出手法を提供しています。

スペーサースリーブと溶接ナットは、設計要件を満たすために、フレーム、ビーム​​、カーシートまたはタンクなどの車両構成部品を確実に組み立てるために使用されます。単一のナットまたはブッシングが指定の場所から欠落すると、生産を停止しなければなりません。このためにボルト一の検査が必要ですが、その1つのアプローチは、ボルトを横方向に感知できるファイバセンサを使用することです。しかしながら、溶接作業による溶接スパッタがファイバセンサにダメージを与えてしまうので、センサの交換が頻繁に必要となり、あまり良い方法ではありません。

信頼性の高いセンサ

光学的な検査方法では、故障や誤動作を起こしやすいため、これに代わる信頼性の高いセンサに対する顧客の要望がますます高まっています。この要望に対してタークはソリューションを提供しました。金属を検出するだけでなく、位置ボルトに取って代わる独創的な解決法が開発されました。センサは、溶接ナットによるダンピング用に設計され、ブッシング、ナット、ディスクなどの強磁性部品を検出します。黄銅のハウジングを持ち、保護等級IP67の要件を満たしています。 LEDは、ターゲットの存在と発生したエラーの両方を含む、現在の検出状態を確実に示します。

溶接ナットセンサは過酷な環境で使われます。したがってセンサは機械的に十分に保護されていなければなりません。センサの保護は、センサに挿入され、ナットで固定されたステンレス鋼製センタリングブッシングによって行われます。センサとステンレススチールのブッシングが一緒に位置ボルトを形成します。溶接ナットセンサは、非磁性ステンレススチール製のブッシングを介して強磁性材料を検出することができ、磁性金属の場合にのみ信号を発します。溶接ナットは鋼製であるため、センサの優れたターゲットとなります。

この溶接ナットセンサは、ティーチングアダプタ(VB2-SP1)によりシートメタルではなくナットのみを検出するようにプログラムすることができます。ボタンを押すと、シートメタルだけでなく、シートメタルと溶接ナットの状態も「認識」され、その存在を確実に検出することができます。溶接プロセスによって引き起こされる主な温度変化は温度補償によって迎えられまる。

Select Country

Turck worldwide