センサによる配管位置の識別

配管の接続先が頻繁に変更される装置において、配管継手とマニホールドの位置を確実に識別するために、近接センサを利用しています。しかしながら配管の接続変更時に物理的なダメージがセンサに与えられる場合があります。特に配管の付属部品などがセンサの近くにあることから、その可能性は高いです。しかしながら、タークの近接センサuprox+はその検出距離の長さでこの問題を解決しました。

メリット

  • 近接センサuprox+ WDにより配管継手とマニホールド位置を認識し、システムの信頼性を向上。
  • 長距離検出により信頼性の高い識別機能を確保。
  • 化学薬品に対する高い耐性。

  • 配管継手(エルボ)とマニホールド

  • 近接センサによる配管接手(エルボ)の位置確認

  • 保護等級IP69Kの近接センサ BI15U-EM30WD

Select Country

Turck worldwide