RFIDによる医薬品の識別

ターク韓国支社は他のパートナーと共同で、製造プラントから発送倉庫まで、医薬品の完全なシリアル化と識別システムを実装しています

偽造医薬品は、健康当局と競争規制当局に大きな問題を提起しています。このため、将来、医薬品の製造・販売の全面的な透明性の確保が必要です。

ターク韓国支社は、他のパートナーと共同で製薬メーカのDaewon Pharm社に、いわゆるシリアライゼーションを提供しました。クラウドベースのソリューションは、生産段階から発送倉庫内までカバーできます。

要件に応じて、バーコード、QRコード、OCRテキスト認識またはRFIDのいずれかを使用可能です。すべての識別技術は、中央なるデータクラウド内の同じデータベースを参照します。

  • RFIDシステムと光学式のセンサが組み合わされて使われています

  • カメラの技術がこれらに加わり強力なソリューションとなりました

  • RFIDバルク読み取り機:手動操作用

  • RFIDバルク読み取り機:コンベアシステム用

  • 最初のプロジェクトでは10台のRFIDバルク読み取り機が用いられました

  • 7台のラベル印刷機が最初のプロジェクトで用いられました

EUにおける2019年までのシリアライゼーションの必要性

医薬品の完全なシリアル化は、2019年までにEUに導入されなければなりません。さらにこれは、製造および流通チェーンに沿ったどの時点でも可能でなければなりません。この必要性は異なるシステム間のいくつかのインターフェイスの必要性を生み出し、すべての読み取りおよび書き込みデバイスが同じデータベースにリアルタイムでアクセスできる必要があります。


シリアライゼーションへのパイロットプロジェクト

ターク韓国支社と他のパートナーは、韓国の製薬メーカであるDaewon Pharm社用のソリューションを開発しました。これはヨーロッパで先例となる可能性もあります。このパイロットプロジェクトは、医薬品の自動シリアル化の優れた例です。これは、バーコードやRFIDタグを使用した実際の識別よりもはるかに多いものです。データは個々のポイントでシステム内で利用できるだけでなく、最終的な展開段階で生産と流通チェーン全体で実行されるネットワーク内でも利用できる必要があります。

ターク韓国支社はプロジェクトの自動化部分を完成させました。このプロジェクトでは、異なるパッケージングユニットに必要なコードとタグを印刷、貼り付け、チェックし、読み取る完全なマシンを開発しました。これらのマシンは、Keidasシステムと交信し、Keidasシステムでは生産とパッケージングのプロセスに関する情報を提供します。

統合ラベリングマシン

生産プロセスに統合されたラベリングマシンは、大宇工場の生産開始時に提供されます。薬剤パッケージには、適切なシリアル番号で書かれたRFIDタグがここに提供されます。また、ボックスには、同じ情報を含む2次元コードとプレーンテキストプリントが用意されています。

Hanmi/ターク RFIDバルク読み取り機

タークは、このプロジェクトのRFIDバルク読み取り機を開発し、自社のポートフォリオの一部の製品を実装しました。 RFIDを使用してカートンに含まれるすべてのパックを識別します。 RFIDは、バーコード技術と比較して大きな利点を提供します。バルク読み取りモードでは、RFIDはカートンの全内容(最大500個の個別タグ)を読み取ることができます。これを行うために、パッカーは単にカートンを機械の開口部に置き、読み取り操作は自動的に開始します。計10個のRFIDアンテナがカートン内のすべてのタグを検出します。重複した読み取り値または未読のパックを除外するために、1つのアンテナがマシン内を移動します。識別段階の後、機械はバーコードとシリアルナンバーラベルの印刷を開始し、これはさらに識別および出荷のためにカートンの外側に貼り付けられます。

タークは、従業員がカートンを開口部に置くマニュアルバージョンと、カートンがコンベア上の機械に移動し、識別後にパレタイジングのためにさらに輸送されるコンベヤベルトバージョンの両方を構築しました。コンパクトなマシンは1.6メートルの高さで、可搬が可能です。

Select Country

Turck worldwide