本質安全防爆構造で現場機器と通信

Tianjin Chemical Factory社では爆発性雰囲気内の温度測定データをタークのリモートI/O、excomを用いて効率的かつ確実に送信します

Tianjin Chemical Factory社ののVCMプラントでは、370点の温度測定信号をコントローラレベルに転送する必要があります。古くから使われている1対1の配線はコストが高くなりまた敷設に時間がかかるため、本質安全防爆構造のリモートI/Oシステム、excomが導入されました。

  • Tianjin Chemical Factory社は塩化ビニルモノマーを生産する工場を建設しました

  • リモートI/O excom は電源モジュール、ゲートウェイモジュール、I/Oモジュールとこれらを取り付けるベースから成り立っています

  • 16枚設置可能なI/Oモジュール部分は稼働中であっても交換可能です

2004年、Tianjin Chemical Factory社は塩化ビニルモノマー(VCM)を生産する新しい工場で生産能力を拡大しました。生産を行うには常に温度を制御する必要があります。温度が低すぎると、中間生成物の反応速度が低下するだけでなく、触媒を破壊する可能性もあります。

Tianjin Chemical Factory社では、アセチレンへの塩化水素の添加が行われる44のプロセスのそれぞれで、温度測定に7種類のE型熱電素子を使用しています。供給配管を含めて、合計370点の測定が爆発性雰囲気からプロセス制御システムに送信されなければなりません。防爆用のバリアによる古典的な1対1の配線を選択する場合、高い設置費用と大きな保守費用が必要です。

電圧降下防止のための電源電圧230V

タークの本質安全防爆構造のリモートI/Oシステム、excomを6台導入することで、これらの問題を効率的かつ確実に解決することができました。ゾーン1およびゾーン2の爆発性雰囲気内での使用が認証されています。excomには電源電圧をDC24VとAC230Vがあります。

DC24Vタイプは、excom以外にDC24Vで稼働する機器が電源ライン上にある場合に有効となりますが、電源ケーブルの長さが長くなるために発生する電圧降下を補償するためにケーブルの断面積をはるかに大きくする必要があります。AC230Vの場合、ケーブルの長さが数百メートルの場合でも、電力供給は安定しています。これにより、工場運営者は、設置費を大幅に節約することができました。

"excomを使用することで、当初の計画と比較してケーブル接続コストを40%削減できました"システム管理者であるWang Haiwenは説明します。また、excomは潜在的なモジュールの不具合の場合に特に使いやすいものでした。最大16個のI /Oモジュールは、連続稼働中にゾーン1内で交換することができます。したがって、このリモートI/Oは、この工場においてプラントの可用性を向上させています。

FDT/DTMによるアセットマネジメント

可用性の向上、ホットスワップ、爆発防止に加えて、フィールドバス(PROFIBUS-DP)を介してHART対応のフィールド機器のパラメータ設定が可能で、FDTフレームアプリケーションとFDT/DTMを使用して機器管理および診断することも可能です。にします(FDT)とデバイスタイプマネージャ(DTM):I / Oモジュールと同様に、常に更新されるexcom DTMは、リモートI / Oステーション全体の柔軟な構造を反映したユニークなモジュール性を提供します。excom自体もFDT/DTMに対応しており、フィールド機器だけでなくリモートI/Oもこれにより、プラントオペレータは、現場での誤動作をより迅速に特定し、生産にダメージを与えるダウンタイムを削減することができます。

Select Country

Turck worldwide