RFIDによるインジェクションノズルの識別

Sonplas社はタークのRFIDシステムと近接センサ uprox+をインジェクタノズル用に使用しています。

特殊機械を製造するSonplas社は、高精度なインジェクタノズルを組み立てるために2台の機械を開発し、製造しました。精密度と繰り返し精度の点で顧客の要求を満たすためには、個々のノズルとそのコンポーネントを正確に識別する必要があります。この機械には、タークのRFIDシステムとコンベアベルト上のアルミ製ワークピースキャリアを検出する近接センサ uprox+ が使用されています。

  • 各ステーションに設置されている、RFIDリードライトヘッドと近接センサ uprox+

  • RFIDタグは台座であるアルミ部材上に直接設置

  • Sonplas社は精度と再現性の点で高い顧客要求を満たす必要がありました

  • リードライトヘッドは個々の部品の識別を行うために台座上のRFIDタグを読み取ります

  • リードライトヘッドが読み込んだ情報はBL67のRFIDモジュールを通してデータベースへ送られます

2012年の終わりに、Sonplas社はインジェクタノズルを組み立てるために2台の機械の開発と製造を受注しました。機械はまず、ステーションでのスプリングの力を測定し、測定結果に応じてスプリングシートを押します。次いで、ばねを針の上に置き、別の機械が所定の反力でばねの高さをチェックします。バネの強度は後にエンジンのインジェクタノズルの噴射作用に影響を及ぼすため、高さは1μm未満の公差で測定する必要があります。

組立工程ではトレーサビリティが必要

測定と組立との複雑な組み合わせは、関連する測定データを一意に追跡して割り当てる必要があります。 「各部品はインジェクタノズルだけでなく、個々の部品そのものも追跡されます」とプロジェクトマネージャーのManuel Lehnerは述べています。部品をノズルに割り当てるために、それらはノズルのワークピースキャリア上を移動します。組立用に特別に最適化されたワークピースキャリアは、必要なインジェクタコンポーネントごとに別個の場所を提供します。 RFIDリードライトヘッドは、個々のワークピースキャリアに取り付けられたタグを読み取ります。

組立装置に関しては、Sonplas社は、装置にコンパクトに搭載できるRFIDシステムを探しました。 「問題は読み取り/書き込み距離が短いという点ではなく、タグをワークピースキャリアのアルミニウムに直接取り付けなければならないという事でした」とLehner氏は説明します。 タークのRFIDタグ、TW-Q25L12,5-M-B128は、すべての要件を満たしています。ワークピースキャリアを識別するために、M18円柱型リードライトヘッド、TN-M18-H1147が11個、2台のマシンのそれぞれに取り付けられています。

アルミニウムでも長距離検出

Sonplas社は、ベルト上の材料キャリアを識別し、特にデータキャリアを読み取るための正しいワークピースキャリア位置を確認するイニシエータとして近接センサを使用しました。アルミの検出距離が大きいコンパクトな近接センサが必要でした。この要件では、タークのuprox+のみが合致しました。他の近接センサは、アルミニウムに対する長い検出距離を提供しません。使用されるM8円柱型のNI4U-EG08-AP6Xは4mmの検出距離と長距離で、アルミ以外の金属でも同じ検出距離です。

"タークの近接センサがアルミニウムを長距離で検出できることは、私たちにとって大きな利点でした。これにより私たちはいくつもの問題を解決しました。ワークピースキャリアを鉄製にすると重く、また加工が複雑です。アルミニウム製のワークピースキャリアではこれらの問題がなくなります"とLehner氏は説明します。

Select Country

Turck worldwide