RFIDを使用したテスト管理の効率化

Bayer CropScience社はタークのRFIDを用いて、新しい装置のテストを行っています

Bayer CropScience社の科学者たちは、自動化されたシステムでプラントに農薬を散布することにより農薬としての適性を検証する新しい活性成分を試験しています。 タークのRFIDシステムは、各プラントの透明性と明確な識別に利用されています。

  • 3つの噴霧ブース内で、それぞれの試験用植物に噴霧が行われます

  • 噴霧ブースを通過した後、すべてのデータはRFIDタグに書き込まれます

  • 試験体植物が試験装置を通過した後、上部のディスプレイにデータが表示されます

  • プログラミング可能なリモートI/O BL20 とRFID用モジュール

ドイツMonheimの研究室では、Bayer CropScience社の科学者たちは、新しい最新の機械の助けを借りて、新しいアクティブコンポーネントを探し続けています。
このプロセスの最初のステップの1つは、一次スクリーニングと呼ばれます。このプロセス中に、新しく開発された物質は、プラントに自動的に適用されることによってその有効性がテストされます。

全自動の一次スクリーニング

Bayer CropScience社は、年間2万5000回以上の噴霧作業を管理する、一次スクリーニングプロセス用の完全自動噴霧ラインを開発しました。各アプリケーションサイクル中に、3つのプラントセットに3つの異なるテストコンポーネントを同時にスプレーします。植物セットには、8つの植物病害の宿主植物が含まれています。

このプロセス中の最も重要な要素は、プラントセットの明確な識別と、プラントセットに適用された物質との相関関係です。もともと、バーコードステッカーが使用されていましたが、今日では非接触のRFID技術が用いられています。

理想的なRFIDソリューションの探索中、テクニカルプロジェクトチームはさまざまなシステムとメーカを検討し、最終的に、タークのRFIDシステムを選択しました。

CoDeSysの利用で簡単に

”タークのRFIDシステムはCoDeSysでプログラミング可能であることから、柔軟性を生み出しています。テスト手順を制御するコンピュータの負担を軽減する方法です”と、Tectrion Robotik部門のコントロール担当者であるVolker Bachmannは説明します、、これが、。

RFIDへの変更の間、Tetriconの技術者は約1,000個の植物ポットの中央にRFIDタグを貼り付けました。各タグは128バイトのメモリ空間を持ち、特定のプラントに関するすべての情報を含んでいます。

タークのQ80はリードライトヘッドによって、プラント内のポットがスプレーユニットを離れた直後にデータの書き込みと読み取りを行います。別のリードライトヘッドは、植物ポットが機械を離れる場所に配置されています。装置が故障したり、ポットを何らかの理由で特定しなければならない場合、バイエルの従業員はハンドヘルドRFIDリーダーを使ってポットの現在の状態を読み取ることができます。リードライトヘッドが読み取ったデータはモジュラー式のリモートI/O、BL20に送信されます。そしてMODBUS TCP通信を通してコントロールユニットに送信されます。

Select Country

Turck worldwide