コンバイン上での2軸傾斜測定

コンバインでは、脱穀ユニットの最適な調整を確実にするために、車両の傾斜を2つの軸(X-Y)の両方を検出する必要があります。 コンパクトなタークの2軸傾斜センサB2Nは簡単に設置でき、用途に合わせて調整できます。

例えば、車両の振動が大きい場合でも、信頼性の高い位置測定を確保するために、さまざまな周波数フィルタを使用して振動抑制を調整することが可能です。

メリット

  • 2軸傾斜センサによりコンバインの傾きが測定可能です
  • センサのパラメータの調整により、様々な設定が可能
  • 振動、衝撃、磁界への耐性が高い
  • アナログ出力、CANopen通信、IO-Link通信タイプをラインナップ

  • 2軸の傾斜センサは脱穀ユニットの縦方向と横方向の傾きを検出します

  • 車両の振動が大きい場合でも信頼性の高い測定を行います

  • B2N 2軸傾斜センサ、アナログ出力及びIO-Link対応タイプ

Select Country

Turck worldwide