爆発雰囲気中のリモートI/O

Elantas Beck社は従来の19インチインターフェースカードからタークのリモートI/O、excomに切り替え

Elantas Beck社はハンブルクにて液体含浸樹脂とワニスを製造しており、この市場での大手メーカの1つです。最終製品に向かう途中で、樹脂は、温度、圧力、およびより多くのプロセス関連パラメータのための多数の監視ステーションを備えた反応器ラインを通って流れます。 19インチインターフェース技術は、1990年代に導入されましたが、現在利用可能なスペアパーツはごくわずかです。そのため、同社は最新の技術であるタークのリモートI/Oシステム、excomで最初のリアクターラインを更新しました。

  • リモートI/O excom は、省スペースでありながら、最大128点のデジタル信号又は64点のアナログ信号の取り扱いが可能

  • 設備の近代化により、19インチラックのインターフェースカードから置き換えられた2台の excom

  • アナログ及びデジタル入出力信号はリモートI/O excom を経由して制御システムに取り込まれます

長年の使用後、19インチのインターフェースカードは不具合の影響を受けやすくなりました。交換用の新しいカードはますます入手しにくいため、代替案が求められました。そして、最初に1つの反応器ラインのインターフェースを近代化し、そこで使われていた19インチのインターフェースカードを他の反応器ラインの予備部品とすることを決定しました。

19インチインターフェースカードに置き換わるフィールドバス

保全責任者のThomasPölkingは、さまざまな選択肢を検討し、最終的にフィールドバス技術の使用を決定しました。”防爆バリア機能を統合し、S7-PLCと簡単に直接接続できる、簡単で現代的なソリューションが必要でした”とPölkingは説明します。”変更の前には、接続は間接的にしか機能しませんでした”

2008年夏にリモートI Oシステムの要件定義が下された後、リモートI/Oシステムのメーカの選定が始まりました。オートメーションプラントの近代化、拡張、新設を専門とするEABオートメーション社が選定を支援しました。

19インチラック内への設置

リモートI / Oシステムメーカの選定の中で、EAB社はタークのリモートI/Oシステム、excomの採用決定を前に、さまざまなメーカの製品との比較を行いました。”取り扱いが容易でコンパクトなタークのリモートI/O、excomを使用することで、既存の19インチラックの中に150点のI/Oと一緒に設置することが可能であることを発見しました" EAB社のマネージャ、Jochen Ahrendが説明します。excomはElantas社のこれ以外の要件も満たしていました。なぜならば、追加のPLCは不要であるからです。”反応器ラインに追加のPLCは必要ではなく、excomであれば、入出力信号をPLCに直接送信が可能です”

これがEAB社がexcomを実装した最初のプロジェクトであったにもかかわらず、計画はリピートプロジェクトと同じくらいスムーズに行われました。 2008年の秋、excomシステムは週末にインストールされて、すぐに起動することができたため、工場は月曜日の朝に再び完全に稼動しました。”我々はexcomに関する経験はありませんでしたが、タークのサポートにより、また我々の質問に対するタークからの迅速な返答により、プロジェクトをスムーズに成功させることが出来ました” Ahrendは説明する。

柔軟なシステム

リモートI/Oシステムがこのプロジェクトの様に爆発性雰囲気内に設置されなくても、ATEX及びIECEx規定において、ゾーン1および2にexcomを設置することができます。excomに接続される本質安全防爆機器は、ゾーン0までの使用が承認されています。保護等級IP20のI/Oモジュールは、幅18.2 mmの4つのアナログまたは4〜8デジタル入力または出力を提供します。 2つの冗長化電源、2つの冗長化ゲートウェイ、最大16のI/Oモジュールを43.2 cm×20.6 cm×11 cmのエリアに取り付けることができます。この構成では、非常に小さなスペースで最大128点のデジタルまたは64点のアナログチャネルを使用できます。

Select Country

Turck worldwide