Your Global Automation Partner

ウェビナー

データ主導のバッテリ生産

バッテリ生産をデジタル化して、ROI、レジリエンス、柔軟性を向上させます。

詳細情報

バッテリセル生産の自動化

最も成功しているバッテリ製造業者はTurckの技術を信頼しています。オートメーションシステムのデータを活用して、生産効率と可用性を最大限に高め、製品品質を完璧にします。

バッテリ生産の伸びは世界的に急速に加速しています。この傾向は、エネルギーとモビリティの転換が牽引しています。1つ確かなことがあります。今後20年間のバッテリ生産は、過去20年間とは大きく異なります。 

今後、バッテリセルを製造するプロセスや技術はさらに発展していくでしょう。新しい原料、ブレンドおよびコーティングプロセスの変更、カレンダ処理およびワインディングの新しいプロセスなどの変化があるでしょう。しかし、バッテリセルメーカーはどのようにして、この動的なフェーズと大幅に短縮されたイノベーションサイクルに対して、既存の生産施設と将来の生産施設を準備すればよいのでしょうか? 

スマート自動化技術、データ主導のプロセス最適化、柔軟な生産システムを持つTurckがその答えになります。例えば、RFID識別技術は、既存のプラントの産出高と、プロセス安全性および製品品質を同時に向上させるために役立ちます。状態監視を含むスマート自動化は、問題を前もって示すので、予測メンテナンス手段を実装でき、プラントの可用性と全体的な効率(OEE)が向上します。堅牢なキャビネット不要のIP67システムを備えた分散型オートメーション技術により、モジュール式生産プラントの構築が簡素化され、後で機械を再グループ化したり、運転能力を再配置したりすることができます。

生産効率を高めるための3つの積載カラム

自動化と生産技術のデジタル化により多くの利点が得られます。これを使用して、既存のプラントの出力と品質を向上させ、バッテリセル生産プラントのベンチマークを設定します。

生産トレーサビリティ

バッテリのエネルギー密度は爆発物に例えられる場合があります。したがって、故障したバッテリは非常に危険でリスキーです。すべての原料、すべての製品、すべての生産ステップを追跡し文書化した生産では、最高品質のバッテリセルが保証されます。疑わしい場合に、追跡およびトレースシステムによって、エラーのない生産を証明できます。 

Turckには、生産環境におけるHFおよびUHF RFIDソリューションの経験が約20年あります。このような包括的なRFID範囲と、HFバスモードなどの独自の技術を提供できる自動化サプライヤは他にほとんど存在しません。

設備全体の効率性(OEE)

製品のコストと生産プロセスの収益性は、その生産設備の可用性に大きく依存します。これが、設備全体の効率を高めることがバッテリ製造の主要な目標であるもう1つの理由です。その目標は、計画外の機械のダウンタイムを最小限に抑え、材料のボトルネックをなくすことになります。

Turckの自動化技術を使用すれば、次の両方の課題を克服できます。機械の状態を広範囲に監視して予測メンテナンスを計画しながら、RFID識別技術によって材料調達用のデータベースを改善できます。

柔軟な生産

バッテリの用途が異なると、バッテリセルの種類の数も増えます。したがって、機械的にも自動化の観点からも将来適合できるように、現在構築されている生産設備を備えておく必要があります。モジュール式プラントの概念が、柔軟性を高めるための王道になります。

IP67の分散型I/Oおよび制御ソリューションでは、柔軟で高速な産業用イーサネット通信を組み合わせることで、プラントモジュールを迅速に再配置できます。分散型PLCと安全コントローラによって制御され、新しいプラントモジュールの工場受け入れテストはすでにメーカーで実施できるため、ユーザーのサイトでのプラント全体の試運転が短縮されます。

バッテリ製造向けのIIoTソリューション

Turckは、お客様の生産を業界の最前線に押し上げるための独自の技術とソリューションを開発しました。

 
効率的な生産追跡のためのRFID HFバスモード

効率的な生産追跡のためのRFID HFバスモード

生産施設の識別ソリューションでは、多くの場合、多数の読み取り/書き込みポイントを短い距離に配置する必要があります。HFバスモードを使用すると、最大32台のRFID読み取り/書き込みデバイスを初めて直列に(ケーブルを組み込んだTピースを使用して素早く簡単に)接続して、単一のRFIDポートで動作させることができます。これには、次の3つの利点があります。

  • 自動アドレス割り当てにより、試運転に必要な時間を短縮します
  • 必要なラインとRFIDポートが減るため、コストを削減できます
  • 障害が発生した場合に読み取り/書き込みデバイスを同一のデバイスで容易に交換できるため可用性が向上します 
分散型オートメーション用のフィールドロジックコントローラ

分散型オートメーション用のフィールドロジックコントローラ

IP67キャビネット不要の自動化と分散型制御およびロジックに関するこのような包括的なソリューションを提供するサプライヤは他に存在しません。統合ロジック制御を備えたIP67ブロックI/Oモジュールから、エッジコントローラおよび安全コントローラ、そして強力なIP67 PLCまで取り揃えています。結果:

  • 機械的作業と配線を最小限に抑えることにより、試運転時間を短縮します
  • 集中制御容量の削減によりコストを削減します
  • 堅牢性を最大限に高めることにより可用性を高めます
 
単一ソースからのIO-Linkによる生産データの向上

単一ソースからのIO-Linkによる生産データの向上

IO-Linkは、機械の状態を監視して、メンテナンス間隔を事前に計画するためのデータを提供します。例えば、IO-Linkは、ユーザーデータに加え、センサからの動作時間や内部温度値も送信します。異常な高温は機械的な問題の兆候になり得ます。TurckのIO-Linkポートフォリオは、市場でも最も完璧なポートフォリオの1つであり、センサ(IO-Linkデバイス)からハブ、IO-Linkマスタまで取り揃えています。IO-Linkシステムを簡単に取り扱えるように、Turckでは、Simple IO-Link Device Integration(SIDI)などの独自のソリューションを提供しています。

TAS – IIoT用のソフトウェアなど

TAS – IIoT用のソフトウェアなど

TASはTurck Automation Suiteの略です。IIoTプラットフォームを使用すると、すべてをTurckデバイスで統一でき、更新、デバイス管理、スマートセンサ用の完全なソリューションから恩恵を受けることができます。TASは、PCやローカルサーバーでの状態監視やエッジ制御などのサービスに使用する広範なIIoT機能を提供します。TASは現在すでに、IPアドレス削減用のARGEEロジックソフトウェアやTurckのBEEPプロトコルと同様に、産業用イーサネットネットワークでのTurckデバイスの管理と試運転を簡略化しています。TAS IIoTプラットフォームを使用すると、RFIDシステムの徹底的な実現可能性調査を実行することもできます。

ウェビナー:データ主導のバッテリ生産

デジタル化された自動化によるバッテリ生産の改善の仕組み

4月26日に、当社のバッテリ生産のエキスパートがライブウェビナーで、どのようにしてスマート自動化技術がバッテリセル生産の効率性と収益性を最大限に高められるかについて説明します  

重要事項:

  • トピック:OEEを高めるためのデータソースとしてRFIDとIO-Linkを使用した生産追跡。 
  • 言語:英語 
  • 日時:2023å¹´4月26日午前9時(中央ヨーロッパ夏時間)および午後4時(中央ヨーロッパ夏時間)  
  • 所要時間:45分(質問を含む) 
  • ウェビナーの録画は、登録済みのすべての参加者に送信されます 

ご都合のよい時間を選択してください:

バッテリセルの生産用に選択された製品

状態監視

状態監視センサは、湿度、温度、振動などの重要な環境条件を検出します。また、CCM製品シリーズのデバイスでは、必要に応じてお客様が独自にプログラムを作成してデータを評価します。

完全なM12電源ポートフォリオ

当社のイーサネット用I/Oモジュール(PROFINET、EtherNet/IP、Modbus TCP、EtherCAT)には、M12電源ユニットが標準装備されています。これらは、ジャンクションボックス、接続ケーブル、IP67電源のM12 Powerシリーズを補完します。

エッジコントローラおよびI/Oソリューション

Turckは、最も多様なエッジコントローラの1つ、つまりクラウド接続を備えたコントローラ(ディスプレイの有無には無関係)を提供しています。当社のIP20やIP67 I/Oソリューションは、PLCを完全に置き換えるか、その機能の一部を引き継ぐことで、現場にロジックをもたらします。

RFIDリーダー、読み取り/書き込みヘッド、およびインターフェース

Turckの識別システムは、すべての性能、位置、距離の要件を満たす適切なソリューションを提供します。生産IDと物流IDの両方を同等に扱うことができる自動化パートナーは他にはほとんど存在しません。

安全コントローラ内蔵の安全モジュール

IP67ブロックI/Oにより、スイッチキャビネットなしで安全機能を実装できます。安全アプリケーションは、安全コントローラを使用してオフラインでテストでき、稼働中に分散した方法で制御できます。

スマートセンサ

Turckの誘導型近接スイッチは、自動車産業における車体製造のデファクトスタンダードと考えられています。当社のエンコーダ、光電センサ、およびFluid+シリーズのセンサは、このような高い評価に値することを示しています。

当社のエキスパートへの問い合わせ

当社は、世界中の最も重要な市場で、バッテリセル生産のエキスパートを擁しています。お客様の課題に対する当社のソリューションについて、お気軽にお問い合わせください。

当社のエキスパート(左から右):

Chol Seung(Chuck)Choi、韓国 | Jae-Hyun(Henry)Bae、韓国 | Chien-Hsun(Josh)Chuang、APAC | Zhen-Rong Hu、中国 | Peng Wang、中国

敬称を選択してください

お名前(名)をご記入ください

お名前(苗字)をご記入ください

御社名をご記入ください

市区町村名をご記入ください

国をご記入ください

メールアドレスをご記入ください

お電話番号をご記入ください

Please read the privacy policy and confirm your acceptance using the checkbox

* 必須

#DigitalInnovationPark

Digitally designing industrial processes, controlling applications decentrally as required, and making relevant data usable are key topics in our regular Digital Innovation Park updates.

Explore the latest innovations from Turck for Industry 4.0 and IIoT.

to top